ニュービートルの専用パーツを新発売

2000.04.05 自動車ニュース
 
 
000405_013.gif

ニュービートルの専用パーツを新発売(4/5)

ドイツのアフターパーツメーカー、「ABT」の輸入販売を行っているタルガが、ニュービートル専用パーツの発売を開始した。

「かわいい」と称されることの多いニュービートルをクラシカルなエクステリアで演出し、それと相反したスポーツ性能を向上させる足回り、エキゾーストパーツなどがラインナップされている。

参考
フロントバンパーガード 82000円
ヘッドライトカバー   28000円
エクステリアフルセット 398000円
サスペンションキット  198000円
エキゾーストシステム 298000円
など。

ニュービートルも先代と同じように、ドレスアップ商品が次々と出始めています。ニュービートルは、オーナーの趣味を最もわかりやすく表現できる1台ではないでしょうか。6月3日には富士スピードウェイにおいて、「ニュービートルカップ」も開催される予定。こちらもお楽しみに。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る