メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジ

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ ルノースポール」がマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、一部仕様が変更された「メガーヌ ルノースポール」を発売した。

ルノーの「メガーヌ ルノースポール」は、3ドアハッチバックの「メガーヌ クーペ」をベースとするハイパフォーマンスモデル。現行モデルは2011年2月に国内で発売され、今回、そのマイナーチェンジ版が導入されることとなった。

最新型には、新たなデザインのヘッドランプやLEDのポジショニングランプ、ボディー同色のバンパーなどが与えられる。
インテリアについても、タコメーターの盤面の色が黄色から白になり、総クロス地だったレカロ製スポーツシートのサイドサポート部が合成皮革になるなどの変更が実施されている。

マイナーチェンジ最大のポイントとなるのは、2リッター直4ターボエンジンのアウトプットだ。排気量はそのままに、吸排気系の手直しやエンジンマネジメントの変更により、最高出力は250psから265psにアップ。最大トルクも34.7kgmからと36.7kgmへと増大した。

ハンドル位置が左側から右側になったのも大きな変化で、4色から選べるボディーカラーのうち、黄色は、これまでのソリッドイエロー(ジョン スポール)からメタリックイエロー(ジョン シリウス:15万円のオプション扱い)へと変更されている。

価格は据え置きの385万円。

また、今回のマイナーチェンジに合わせて、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」も30台限定で同時発売される。

こちらは、標準サイズより1インチ大きな19インチのブリリアントブラックアロイホイール(レッドのライン入り)や「ブリヂストン・ポテンザ RE050A」に加え、専用ステッカーとシリアルプレートが与えられるモデルで、価格はノーマルの「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より23万円高の408万円となる。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ ルノースポール」
「ルノー・メガーヌ ルノースポール」 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
特別限定車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用ステッカー。
特別限定車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用ステッカー。 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
ホームへ戻る