「トヨタ・センチュリー」装備を充実

2000.04.07 自動車ニュース
 
 
000407_022.gif

「トヨタ・センチュリー」装備を充実(4/7)

トヨタ自動車は、同社のフラッグシップ・サルーン「センチュリー」を一部改良し、4月5日より発売した。

今回の改良では、クルーズコントロールや車両安定性制御システム「VSC」を標準装備したほか、DVDボイスナビゲーションシステムを採用し、ドライバーの運転しやすさに配慮している。

さらに、登録された正規のキー以外でのエンジン始動を阻止し、車両盗難を防止するエンジンイモビライザーシステムなど最高級車に相応しい機能装備も織り込んでいる。

また、平成12年新排出ガス規制への適合はもとより、低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成し、環境にも配慮している。

価格は935万円(デュアルEMVパッケージ装着車は997万円)。

クルーズコントロールや「VSC」が標準装備ということですが、センチュリーで長距離を移動する社長さんっているのでしょうか(その世界を知らないだけかもしれませんが)? トヨタ唯一のV12が都内をノロノロ走っているだけなんて、もったいない気がします。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る