ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインに

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」新デザインで発売

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、一部の仕様が変更された「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」を同年8月1日に発売すると発表した。

「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」は、ルノーのスポーティーなコンパクトカー「トゥインゴ ルノースポール」のドレスアップバージョン。青を基調とした独自のカラーリングが特徴で、その車名には、ルノーの名チューナーだったゴルディーニの名が添えられる。

約1年前の2011年6月に日本で発売された同車だが、2011年9月のフランクフルトモーターショーを機に、ベース車の「トゥインゴ」がマイナーチェンジ。これにともない、「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」も、新型に入れ替わることとなった。

新旧の主な相違点は、ヘッドランプやバンパーといったエクステリアのデザイン処理。エンジンのデータや加速Gなどを表示する「R.S.モニター」、BluetoothやUSBジャックで外部データを取り込めるカーラジオなども与えられる。これまで特徴となっていた青のほか、白(ブラン グラシエ)のボディーカラーが選べるようになったのも新しい。

なお、1.6リッター直4エンジン(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)の性能など、機関面での変更はない。

価格もこれまでと同じ245万円だ。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。
 
ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインにの画像
「R.S.モニター」の画面。
「R.S.モニター」の画面。
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
ホームへ戻る