ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインに

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」新デザインで発売

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、一部の仕様が変更された「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」を同年8月1日に発売すると発表した。

「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」は、ルノーのスポーティーなコンパクトカー「トゥインゴ ルノースポール」のドレスアップバージョン。青を基調とした独自のカラーリングが特徴で、その車名には、ルノーの名チューナーだったゴルディーニの名が添えられる。

約1年前の2011年6月に日本で発売された同車だが、2011年9月のフランクフルトモーターショーを機に、ベース車の「トゥインゴ」がマイナーチェンジ。これにともない、「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」も、新型に入れ替わることとなった。

新旧の主な相違点は、ヘッドランプやバンパーといったエクステリアのデザイン処理。エンジンのデータや加速Gなどを表示する「R.S.モニター」、BluetoothやUSBジャックで外部データを取り込めるカーラジオなども与えられる。これまで特徴となっていた青のほか、白(ブラン グラシエ)のボディーカラーが選べるようになったのも新しい。

なお、1.6リッター直4エンジン(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)の性能など、機関面での変更はない。

価格もこれまでと同じ245万円だ。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。
 
ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインにの画像
「R.S.モニター」の画面。
「R.S.モニター」の画面。
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る