トヨタ、新型高級セダン「プロナード」を発売

2000.04.10 自動車ニュース
 
 
000410_029.gif

トヨタ、新型高級セダン「プロナード」を発売(4/10)

トヨタ自動車は、新しい高級FFセダン「プロナード」を発表、4月7日より発売した。

「プロナード」は、トヨタと米国TTC(トヨタテクニカルセンター)が開発、TMMK(トヨタモーターマニュファクチャリング・ケンタッキー)が生産する、アメリカ生まれの3ボックス4ドアセダン。1995年発売の「アバロン」の後継モデルである。高級車らしく、テーマは「上質なゆとり」。FFのパッケージを生かした広い室内と快適装備がウリとなる。

外観上の特徴は、トヨタのいう「ワンモーションキャビン」。ピラー底部の前後を広げ室内の広さをアピールしている。内装では広さを強調。サイドウィンドウ面を立てることでキャビンを広くしているほか、FFレイアウトの利点を生かし、身長185センチのひとが乗車しても充分なクリアランス(前席で50mm、後席で25mm)を確保しているという。トランク容量はVDA法で562リッター。ゴルフバック4個と中型スポーツバックが4個入る大きさだという。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4895×1820×1460mm。ホイールベースは2720mmとなる。パワーユニットは2994ccのV型6気筒DOHCエンジン「1MZ-FE」。最高出力215ps、最大トルク30.5kgmを発する。これに電子制御4段オートマチックトランスミッション「ECT-iE」が組み合わさり、10・15モードで10.2km/リッターの燃費を実現するという。

パワーステアリングには、車速によりステアリングの重さを自動制御する「新PPS(プログレッシブパワーステアリング)」を採用。さらに豪華仕様の「Gパッケージ」には、路面の状況や車速に合わせてショックアブソーバーの減衰力を自動制御する「スカイフックTEMS」が標準装備されるなど、機能装備はもりだくさんだ。

快適装備では、DVDボイスナビゲーション、平均燃費や走行距離などを表示する「ドライブモニター」、左右独立温度コントロールのオートエアコン、本革巻きステアリング、マルチアジャスタブルパワーシート、前席ベンチシートなど、あげれば枚挙にいとまがない。

安全面では、前席デュアル/サイドエアバッグはもちろん、ABS、トラクションコントロール、衝突安全ボディGOAなどを採用。排出ガス量の削減など、環境面でも配慮されている。

トヨタ「プロナード」、価格は「3.0」の315.0万円からとなる。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る