トヨタ、新型高級セダン「プロナード」を発売

2000.04.10 自動車ニュース
 
 
000410_029.gif

トヨタ、新型高級セダン「プロナード」を発売(4/10)

トヨタ自動車は、新しい高級FFセダン「プロナード」を発表、4月7日より発売した。

「プロナード」は、トヨタと米国TTC(トヨタテクニカルセンター)が開発、TMMK(トヨタモーターマニュファクチャリング・ケンタッキー)が生産する、アメリカ生まれの3ボックス4ドアセダン。1995年発売の「アバロン」の後継モデルである。高級車らしく、テーマは「上質なゆとり」。FFのパッケージを生かした広い室内と快適装備がウリとなる。

外観上の特徴は、トヨタのいう「ワンモーションキャビン」。ピラー底部の前後を広げ室内の広さをアピールしている。内装では広さを強調。サイドウィンドウ面を立てることでキャビンを広くしているほか、FFレイアウトの利点を生かし、身長185センチのひとが乗車しても充分なクリアランス(前席で50mm、後席で25mm)を確保しているという。トランク容量はVDA法で562リッター。ゴルフバック4個と中型スポーツバックが4個入る大きさだという。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4895×1820×1460mm。ホイールベースは2720mmとなる。パワーユニットは2994ccのV型6気筒DOHCエンジン「1MZ-FE」。最高出力215ps、最大トルク30.5kgmを発する。これに電子制御4段オートマチックトランスミッション「ECT-iE」が組み合わさり、10・15モードで10.2km/リッターの燃費を実現するという。

パワーステアリングには、車速によりステアリングの重さを自動制御する「新PPS(プログレッシブパワーステアリング)」を採用。さらに豪華仕様の「Gパッケージ」には、路面の状況や車速に合わせてショックアブソーバーの減衰力を自動制御する「スカイフックTEMS」が標準装備されるなど、機能装備はもりだくさんだ。

快適装備では、DVDボイスナビゲーション、平均燃費や走行距離などを表示する「ドライブモニター」、左右独立温度コントロールのオートエアコン、本革巻きステアリング、マルチアジャスタブルパワーシート、前席ベンチシートなど、あげれば枚挙にいとまがない。

安全面では、前席デュアル/サイドエアバッグはもちろん、ABS、トラクションコントロール、衝突安全ボディGOAなどを採用。排出ガス量の削減など、環境面でも配慮されている。

トヨタ「プロナード」、価格は「3.0」の315.0万円からとなる。

 
 

関連キーワード:
プロナードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、「クラウン コンセプト」を初公開 2017.10.4 自動車ニュース