メルセデス「Vクラス」が一部改良

2000.04.11 自動車ニュース
 
 
000411_032.gif

メルセデス「Vクラス」が一部改良(4/11)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Vクラス」の装備を一部改良し、4月10日より発売した。

今回の改良では、「V230」に学習機能付電子制御4段ATを採用。加えて従来の走行安定装置ETS(エレクトロニック・トラクションサポート)をASR(アクセレレーション・スキッドコントロール)に変更し、ドライバビリティとアクティブセーフティを高めたという。

装備面では、ルーフレールを標準装備。さらに「V230」「V280」に電動可倒式ドアミラー、クラッシュセンサー付車速感応ドアロックを新たに採用した。

価格は「V230」が410.0万円、「V280」が520.0万円となる。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る