ホンダ、英国工場で「CR-V」を生産

2000.04.14 自動車ニュース
 
 
000414_038.gif

ホンダ、英国工場で「CR-V」を生産(4/14)

本田技研工業は、ホンダ・オブ・ザ・UK・マニュファクチャリングにて、「CR-V」の生産を6月より開始すると発表した。

欧州における「CR-V」の人気は高く、アコードやシビックに次ぐ主力機種となりつつあるため、日本からの供給が追いつかない状況が続いている。「CR-V」を英国で生産することで、より確実かつ迅速な供給を確保するというもの。既に英国で生産している欧州専用設計のアコード4ドア/5ドア、同シビック5ドア/エアロデッキ(ワゴン車)に加わることで、「CR-V」は5機種目の英国生産車となる。年間約2万台を生産予定としている。

今回の決定について、欧州本部長の原田実氏は、「ヨーロッパのお客様による需要を満たすために、よりお客様に近い場所でCR-Vを生産することは、ホンダの長年にわたる経営理念とビジョンに合致しており、大変喜ばしいことである。ホンダは長期的視野をもって英国での高品質な車作りに取り組んでおり、CR-Vの生産もその中で重要な役割を果たすものである。」と述べた。

ヨーロッパにおける覇権争いで、トヨタに負けたくないホンダ。ホンダUKは、年間生産能力10万台の新工場の建設工事も進めているそうです。雇用を促進するという面から見れば、BMWのローバー売却による失業者対策にひと役かえる可能性があり、顧客はもとより英国政府に大歓迎されるというメリットがあります。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
  • 第433回:ガソリンとディーゼルの“いいとこ取り”を目指す
    マツダの新しい内燃機関「SKYACTIV-X」搭載車に試乗
    2017.9.7 エディターから一言 マツダの次世代エンジン「スカイアクティブX」を搭載したテスト車両が、早くもわれわれの目の前に現れた。未体験の自己着火型ガソリンエンジンがもたらす走りとは、いかなるものなのか? ドイツから試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る