ナイトビジョン搭載の「ドゥビル」発売

2000.04.14 自動車ニュース
 
 
000414_041.gif

ナイトビジョン搭載の「ドゥビル」発売(4/14)

ヤナセはキャディラック「ドゥビル」に「ナイトビジョン」をオプション装着したモデルの販売を開始した。

ナイトビジョンとは、夜間運転時に通常のヘッドランプが届く範囲外に潜在する危険物や障害物から、ドライバーの安全をサポートする車載赤外線暗視システム。

ナイトビジョンの赤外線暗視システムは、前方の人や動物あるいは自動車などの対象物が放射する遠赤外線を画像化し、ヘッドアップディスプレーによるバーチャルイメージとして表示する。ドライバーは、このバーチャルイメージを前方視界の一部として択え、ヘッドランプの光で視認できる以前に対象物の存在を事前に気付き、余裕を持った回避動作を可能とする。

開発については、米国レイセオン・システムズ社の赤外線サーマルイメージ(対象物の放射する遠赤外線エネルギーを画像化)技術をヤナセとGMがキャデラック用に行なった。キャデラックはこの技術を自動車メーカーとしては世界で初めて車への搭載を実現し、2000年モデル「ドゥビルDHS」にオプション設定した。ナイトビジョン装着車の価格は820万円。

「ナイトビジョン」の主な特徴は以下のようなもの。
(1) 条件によっても異なるが、視認可能距離は、通常のヘッドランプの光と比較し、ロービーム到達距離の3〜5倍、ハイビーム到達時の2倍に達する。
(2) 赤外線の波長が違うことにより、可視光線の影響を受けない為、対向車のヘッドライトによって起こるハレーションにも有効である。
(3) ヘッドアップディスプレーを採用し、画像がエンジンフードの先端の位置に表示する為、ほとんど視線移動の必要がなく、路面から視線を外さず、ハンドルから手を放さずに画像を見ることが可能である。
(4) 車両一体組み込みのシステムである。
(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る