Fニッポン、高木が2連勝

2000.04.17 自動車ニュース
000417_045.gif

Fニッポン、高木が2連勝(4/17)

4月16日、フォーミュラニッポン第2戦が栃木県・ツインリンクもてぎで行われ、高木虎之介が優勝、開幕戦に続き2連勝を飾った。

ポールポジションの高木は、スタートで2番手の本山哲にトップを奪われたが、その後ジリジリと追い上げ10周目にトップを奪取。以降は危なげない走りを見せ、2位に10秒近い差をつけ44周のレースを締めくくった。

2位は第1戦に続いてミハエル・クルム、3位は松田次生が入った。松田はルーキーながら、レースの最速ラップタイム(1分37秒324)をマークする活躍を見せた。4位は本山 哲、5位に脇阪寿一、6位には金石勝智が入った。

フォーミュラニッポン第3戦は、5月21日に山口県・セントラルパークMINEサーキットにて決勝が行われる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。