スズキ「エスクード」マイナーチェンジ

2000.04.17 自動車ニュース
 
 
000417_044.gif

スズキ「エスクード」マイナーチェンジ(4/17)

スズキは、「エスクード」を一部改良するとともに、新たに2WD車を設定、4月13日より発売した。

まず、前後バンパーが新デザインとなった。加えてハイマウントストップランプ内蔵のバックドアスポイラー、フォグランプ、アルミホイール、スモークガラスを全車に標準装備することで、外観がよりスポーティーな印象となった。

1600cc及び2000ccエンジン搭載車の4AT車にはロックアップ領域を広げ、エンジン出力のロスを少なくするスリップ制御機構を新たに採用し、燃費の向上を図っている。装備では、新たにシートの高さ調整機構ならびにランバーサポートが運転席に設定された。

安全面では、「軽量衝撃吸収ボディー TECT」の採用をはじめ、前席SRSエアバッグ、シートベルトプリテンショナー、シートベルトフォースリミッター、EBD付ABSを全車に標準装備した。

また、今回のマイナーチェンジにともない、3ドア車に低価格の2WD(後輪駆動)車が新たに加わった。

価格は157.8万円〜212.8万円。

軽自動車ベースのリッターカーを充実させていった結果、中途半端な上位モデルという印象がぬぐえない「エスクード」。見た目を変えて新鮮な感じをだしたかったのだと思います。(Web CGあらい)

 
 
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スズキ・エスクード 2015.10.15 画像・写真 スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。FFベースのプラットフォームに1.6リッター直4エンジンを搭載しており、駆動方式にはFFとフルタイム4WDの2種類を用意。ハンガリーで生産される欧州生まれのニューモデルを写真で紹介する。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 「BMW 3シリーズ グランツーリスモ」にディーゼルモデルが登場 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、「3シリーズ グランツーリスモ」のモデルラインナップに「320dグランツーリスモ」と「320dグランツーリスモxDrive」を追加設定し、販売を開始した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る