スズキ「エスクード」マイナーチェンジ

2000.04.17 自動車ニュース
 
 
000417_044.gif

スズキ「エスクード」マイナーチェンジ(4/17)

スズキは、「エスクード」を一部改良するとともに、新たに2WD車を設定、4月13日より発売した。

まず、前後バンパーが新デザインとなった。加えてハイマウントストップランプ内蔵のバックドアスポイラー、フォグランプ、アルミホイール、スモークガラスを全車に標準装備することで、外観がよりスポーティーな印象となった。

1600cc及び2000ccエンジン搭載車の4AT車にはロックアップ領域を広げ、エンジン出力のロスを少なくするスリップ制御機構を新たに採用し、燃費の向上を図っている。装備では、新たにシートの高さ調整機構ならびにランバーサポートが運転席に設定された。

安全面では、「軽量衝撃吸収ボディー TECT」の採用をはじめ、前席SRSエアバッグ、シートベルトプリテンショナー、シートベルトフォースリミッター、EBD付ABSを全車に標準装備した。

また、今回のマイナーチェンジにともない、3ドア車に低価格の2WD(後輪駆動)車が新たに加わった。

価格は157.8万円〜212.8万円。

軽自動車ベースのリッターカーを充実させていった結果、中途半端な上位モデルという印象がぬぐえない「エスクード」。見た目を変えて新鮮な感じをだしたかったのだと思います。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る