CART第3戦、ポール・トレーシーが優勝

2000.04.17 自動車ニュース
000417_046.gif

CART第3戦、ポール・トレーシーが優勝(4/17)

CARTシリーズ第3戦「トヨタGP・オブ・ロングビーチ」が米カリフォルニア州ロングビーチ市の市街地サーキットで開かれ、カナダ人ポール・トレーシーが今季初優勝した。

予選17番手スタートのトレーシーは虎視眈々と順位を上げ、62周目に首位を奪取。82周のレースを真っ先にゴールした。トレーシーにとっては通算16勝目となる。2位には3秒191差でエリオ・カストロネベス、3位に1996年の同レースウィナー、ジミー・バッサーが入った。昨年の総合チャンピオン、ファン・モントーヤは50周目でエンジントラブルでリタイアを喫している。

日本人ドライバーでは、黒沢琢弥が74周でリタイアしたものの、55周から61周まで首位を走る力走を見せた。日本人がレースのトップを走るのは初めてのことである。なお、中野信治は怪我のため欠場している。

次戦は4月30日、ブラジル・リオデジャネイロで行われる「リオ200」となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。