オペルから「MINI」のライバルが登場!?【パリサロン2012】

2012.07.11 自動車ニュース
「オペル・アダム」
オペルから「MINI」のライバルが登場!?

【パリサロン2012】オペルから「MINI」のライバルが登場!?

独アダム・オペルは2012年7月11日、コンパクトカー「アダム」の概要を発表した。パリモーターショー(プレスデイ:9月27日〜28日、一般公開:9月29日〜10月14日)で公開される。

■幅広いカスタマイズプログラムを用意

「アダム」は全長3.7m、全幅1.7mクラスの3ドアハッチバック車。ボディーから浮いているように見えるルーフや、ツートーンのボディーカラーなど、特徴的でユニークな外観を持つ。市場では、同じく小さいながらも強い存在感を放っている「MINI」や「フィアット500」などと競合しそうだ。

まずは1.2リッターと1.4リッターのガソリンエンジンに5段MTを組み合わせたパワートレインを搭載した仕様が用意され、その後、新世代の小型直噴ガソリンターボが加わる。こちらのトランスミッションは6段MTになる。

グレードは、ファッショナブルでカラフルな内装を持つ「JAM」、エレガントで洗練された「GLAM」、エネルギッシュでスポーティーな「SLAM」という3ラインが設定される。これらをベースとした上で、顧客がボディー、ルーフ、インテリアの色などを幅広い選択肢から自由に選べるカスタマイズプログラムが用意される。

また、ヘッドランプとテールランプにLEDを採用したり、自動操舵(そうだ)で駐車ができるパーキングアシスト機能を搭載したりと、コンパクトクラスではまだ珍しい上級車の装備を与えて、技術的先進性もアピールするという。

9月に開催されるパリモーターショーで一般公開され、2013年1月から順次、市場に投入される予定。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。