ホンダ「ロゴ」をマイナーチェンジ

2000.04.18 自動車ニュース
000418_049.gif

ホンダ「ロゴ」をマイナーチェンジ(4/18)

本田技研工業は、「ロゴ」の内外装を一新するとともに、スポーティな仕様の「スポルティック」を設定、4月14日より発売した。

今回の変更では、顔つきに手を加え、ボディ同色バンパーを採用することでヨーロッパの小型車のようなおしゃれなイメージを与えたという。インテリアでは、質感の高い新シート表皮(Lタイプは除く)や軽快なメタリックセンターパネル(全タイプ)を採用。また、スポーティな3本スポークステアリングホイールが全タイプに採用(スポルティックTSは本革巻仕様)された。

新たに設定された「スポルティック」は、低・中速域トルクがありキビキビした走りなど、街中での運転しやすさや快適装備が魅力の“Gタイプ”をベースに、プライバシーガラス(リアサイド、テールゲート)、テールゲートスポイラー 、センターアンテナ、ガンメタリックのセンターパネル、専用シート地などブラックの色調で統一したインテリアなどでスポーティな演出がなされている。

また、従来のスポーティ仕様“TS”(1.3リッター16バルブエンジン/10mmローダウン・スポーティサスペンション/14インチアルミホイール/エアロパーツ等)を“スポルティックTS”に名称変更し、快適装備の充実が図られた。

価格は3ドア「Bタイプ」の83万円から5ドア「スポルティックTS」の135.8万円まで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。