日産「ティーノ」に5人乗りを追加

2000.04.19 自動車ニュース
000419_053.gif

日産「ティーノ」に5人乗りを追加(4/19)

日産自動車は、「ティーノ」に5人乗りを追加し4月12日より発売した。

2列シート6人乗りのハイトワゴンとして1998年10月に発売された「ティーノ」に、前席をセパレートタイプとした5人乗りが追加された。さらに、1.8リッターに特別仕様車の「J」が設定された。

特別仕様車「J」は「1.8X」に対して、プライバシーガラス、カセット一体AM/FMステレオをオプション設定にするなどして、価格を150万円台に抑えた低価格モデルとなる。

また、今回の変更にともない6人乗り全車のリア中央席にビルトインチャイルドシートを標準装備した。このビルトインチャイルドシートは、簡単な操作で大人用からチャイルドシートに変更できるため、付け替えの手間、持ち運び、保管場所が不要になるというメリットがある。

5人乗りは前席がセパレートタイプなので、ウォークスルーが可能になりました。走行中の席の移動は禁止されているものの、室内はこれだけでずっと広くなった感じがします。前席のベンチシートを倒す必要のなくなったファミリー向け? 下品ですいません。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。