エスクードの特別仕様車「X-Adventure」発売

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」に特別仕様車「X-Adventure」を設定し発売

スズキは、SUV「エスクード」に特別仕様車「X-Adventure(クロス アドベンチャー)」を設定し、2012年7月11日に発売した。

今回の特別仕様車「X-Adventure」は、エクステリアに電動サンルーフのほか、LEDリングイルミネーション付きフォグランプや高輝度ダークシルバー塗装の専用18インチアルミホイールなどを採用。
インテリアでは、レッドステッチ入り黒/赤ツートーンの前後シート(前席と後席左右の背もたれ/座面には撥水加工を施したスエード調シート表皮「ラックススエード」を使用)を採用、さらにレッドステッチ入りの本革巻きステアリングホイールとシフトノブ、「X-Adventure」ロゴ入りの専用フロアマットも装備する。

「X-Adventure」(4WD/4AT)の価格は235万2000円。


<特別仕様車「X-Adventure」の主な仕様・装備>

■エクステリア
・電動サンルーフを採用
・LEDリングイルミネーション付きマルチリフレクターハロゲンフォグランプを採用
・専用フロントグリル(ブラックメッキ)を採用
・高輝度ダークシルバー塗装を施した、専用デザインの18インチアルミホイールを採用
・専用ボディーサイドメッキモールと専用バックドアモール(光輝処理)を採用
・専用リアライセンスメッキガーニッシュ(ブラックメッキ)を採用
・ルーフレール、ルーフエンドスポイラーを採用
・マフラーテールカバーを採用
・「X-Adventure」エンブレムを左右フロントドア、バックドアに貼付
・新色「バイソンブラウンパールメタリック2」を含む、全4色の車体色を設定

■インテリア
・レッドステッチ入り黒/赤ツートンカラーの前後シートを装備
・前席と後席左右の背もたれ/座面に、撥水加工を施したスエード調シート表皮「ラックススエード」を採用
・レッドステッチ入りの本革巻きステアリングホイールおよび本革巻きシフトノブを採用
・専用ドアトリムクロスと専用シフトパネル、専用パワーウィンドウスイッチベゼルを採用
・「X-Adventure」ロゴ入り専用フロアマットを採用

■機能
・ESPを採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールを装備

(webCG)

「スズキ・エスクード X-Adventure」
「スズキ・エスクード X-Adventure」

エスクードの特別仕様車「X-Adventure」発売の画像

エスクードの特別仕様車「X-Adventure」発売の画像

エスクードの特別仕様車「X-Adventure」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • 「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場 2017.7.26 自動車ニュース 「スズキ・エスクード」に1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。ターボエンジンならではのトルクフルな走りに加え、メッキグリルや赤いアクセントが施されたインテリアなど、スポーティーな意匠も特徴となっている。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
ホームへ戻る