F1、ジョーダンチームのデザイナーがルノーへ

2000.05.01 自動車ニュース
000501_001.gif

F1、ジョーダンチームのデザイナーがルノーへ(5/1)

2002年からF1にワークス参戦する仏ルノーは、チーフデザイナーに「ジョーダン」チームのテクニカルディレクター、マイク・ガスコイン氏を起用することを明らかにした。

ルノーは、今年3月に「ベネトン」チームを買収。2002年のレース復帰に向けてビッグネームの獲得に動いていた。ガスコイン氏は、ジョーダンチームとの契約が切れる来年夏に移籍するものと見られている。

同氏は、1998年に36歳の若さでジョーダンのチーフデザイナーに就任し、翌年にはテクニカルディレクターに昇格。彼が手がけたマシン「ジョーダン無限ホンダ199」は、昨シーズン2回の優勝とコンストラクターズ選手権3位の成績を残すほど、完成度の高いものだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。