スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

スズキは2012年7月11日、SUV「エスクード」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、新デザインのフロントバンパーやアルミホイールの採用に加え、フロントグリルの意匠を変更。また、バックドアのスペアタイヤを廃止し、代わりにリアビューのアクセントとなるリアライセンスメッキガーニッシュを装着した。インテリアには、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用した。

車両価格は、「XG」5MT車が208万9500円、同4AT車が219万4500円。

<仕様・装備の主な変更点>

■エクステリア
・新デザインのフロントバンパーを採用
・2本のフィン形状をデザインした、新しいフロントグリルを採用
・フロントグリルとのつながりをもたせるため、黒の加飾を施したヘッドランプを採用
・新デザインの17インチアルミホイールを採用
・バックドアのスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用
・新開発の樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(SSPP)」を採用したスキッドプレートを装備

■インテリア
・斜めと縦のストライプをあしらったシート表皮と無地のドアトリムクロスを採用した、黒基調の内装に変更

(webCG)

「スズキ・エスクード」
「スズキ・エスクード」

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る