スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

スズキは2012年7月11日、SUV「エスクード」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、新デザインのフロントバンパーやアルミホイールの採用に加え、フロントグリルの意匠を変更。また、バックドアのスペアタイヤを廃止し、代わりにリアビューのアクセントとなるリアライセンスメッキガーニッシュを装着した。インテリアには、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用した。

車両価格は、「XG」5MT車が208万9500円、同4AT車が219万4500円。

<仕様・装備の主な変更点>

■エクステリア
・新デザインのフロントバンパーを採用
・2本のフィン形状をデザインした、新しいフロントグリルを採用
・フロントグリルとのつながりをもたせるため、黒の加飾を施したヘッドランプを採用
・新デザインの17インチアルミホイールを採用
・バックドアのスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用
・新開発の樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(SSPP)」を採用したスキッドプレートを装備

■インテリア
・斜めと縦のストライプをあしらったシート表皮と無地のドアトリムクロスを採用した、黒基調の内装に変更

(webCG)

「スズキ・エスクード」
「スズキ・エスクード」

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • 「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場 2017.7.26 自動車ニュース 「スズキ・エスクード」に1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。ターボエンジンならではのトルクフルな走りに加え、メッキグリルや赤いアクセントが施されたインテリアなど、スポーティーな意匠も特徴となっている。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を世界初公開 2017.7.24 自動車ニュース スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る