スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

スズキは2012年7月11日、SUV「エスクード」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、新デザインのフロントバンパーやアルミホイールの採用に加え、フロントグリルの意匠を変更。また、バックドアのスペアタイヤを廃止し、代わりにリアビューのアクセントとなるリアライセンスメッキガーニッシュを装着した。インテリアには、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用した。

車両価格は、「XG」5MT車が208万9500円、同4AT車が219万4500円。

<仕様・装備の主な変更点>

■エクステリア
・新デザインのフロントバンパーを採用
・2本のフィン形状をデザインした、新しいフロントグリルを採用
・フロントグリルとのつながりをもたせるため、黒の加飾を施したヘッドランプを採用
・新デザインの17インチアルミホイールを採用
・バックドアのスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用
・新開発の樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(SSPP)」を採用したスキッドプレートを装備

■インテリア
・斜めと縦のストライプをあしらったシート表皮と無地のドアトリムクロスを採用した、黒基調の内装に変更

(webCG)

「スズキ・エスクード」
「スズキ・エスクード」

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像

関連キーワード:
エスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
ホームへ戻る