三菱、「ランサーセディア」を新発売

2000.05.10 自動車ニュース
 
 
000510_019.gif

三菱、「ランサーセディア」を新発売(5/10)

三菱自動車は、「ミラージュ/ランサー」の後継モデル「ランサーセディア」を、5月9日より発売した。

「ランサーセディア」は、5ナンバーサイズのボディに、ガソリン直噴エンジンGDI+無段変速機CVTを組み合わせた、「新世代のコンパクトセダン」を謳い文句とするモデルである。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4360(1.8リッター車は4480)×1695×1430mmで、ホイールベースは2600mm。前席足元から後席ヒップポイントまでの有効室内長を1715mmとし、ゆとりある室内空間を実現したという。

エンジンは1.5リッターと1.8リッター、2種類の直4 GDIを設定。1.5リッターは100ps/14.0kgm、1.8リッターは130ps/18.0kgmを発生する。これにCVTを組み合わせることで、リッター17.6km(1.5リッター車)の燃費を可能にしたというのが特徴。2010年新燃費基準および2000年排出ガス規制の両方に適合させたという。

CVTには「INVECS-III」機構を採用。このシステムにより、道路や運転状況に応じて最適な変速比を自動的に選択する「最適制御」と、ドライバーの運転に合わせたシフトタイミングを設定する「学習制御」が選択できる。また1.8リッターモデル「Touring」には、マニュアルシフトが可能な「スポーツモード6-CVT」が搭載される。

安全面では衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。さらに前席SRSエアバッグやISO-FIX対応チャイルドシート固定専用バー(オプション)なども備わる。

価格は、1.5リッター「MX」の123.8万円から1.8リッター「SE-R」の199.8万円まで。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーセディアSE-R(CVT)【ブリーフテスト】 2000.8.11 試乗記 ……207.3万円 総合評価……★★
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
ホームへ戻る