三菱、「ランサーセディア」を新発売

2000.05.10 自動車ニュース
 
 
000510_019.gif

三菱、「ランサーセディア」を新発売(5/10)

三菱自動車は、「ミラージュ/ランサー」の後継モデル「ランサーセディア」を、5月9日より発売した。

「ランサーセディア」は、5ナンバーサイズのボディに、ガソリン直噴エンジンGDI+無段変速機CVTを組み合わせた、「新世代のコンパクトセダン」を謳い文句とするモデルである。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4360(1.8リッター車は4480)×1695×1430mmで、ホイールベースは2600mm。前席足元から後席ヒップポイントまでの有効室内長を1715mmとし、ゆとりある室内空間を実現したという。

エンジンは1.5リッターと1.8リッター、2種類の直4 GDIを設定。1.5リッターは100ps/14.0kgm、1.8リッターは130ps/18.0kgmを発生する。これにCVTを組み合わせることで、リッター17.6km(1.5リッター車)の燃費を可能にしたというのが特徴。2010年新燃費基準および2000年排出ガス規制の両方に適合させたという。

CVTには「INVECS-III」機構を採用。このシステムにより、道路や運転状況に応じて最適な変速比を自動的に選択する「最適制御」と、ドライバーの運転に合わせたシフトタイミングを設定する「学習制御」が選択できる。また1.8リッターモデル「Touring」には、マニュアルシフトが可能な「スポーツモード6-CVT」が搭載される。

安全面では衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。さらに前席SRSエアバッグやISO-FIX対応チャイルドシート固定専用バー(オプション)なども備わる。

価格は、1.5リッター「MX」の123.8万円から1.8リッター「SE-R」の199.8万円まで。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーセディアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱「プラウディア」「ディグニティ」発売 2000.1.5 自動車ニュース 三菱自動車は、フラッグシップモデル「プラウディア」と、そのストレッチ・リムジン「ディグニティ」を2000年2月1日から発売する。「プラウディア」(写真)はデボネアに代わるフラッグシップで、ボディパネル以外のパワートレイン/フロアパン/サスペンションは、現行デボネア用を使用している。従来3.5リッターV6エンジンのみの設定だったデボネアに対し、4.5リッターV8が加えられた。全長×全幅×全高=5050×1870×1475mm。ホイールベースは2830mm。デボネアよりひと回り大きくなったボディ・サイズはトヨタ・セルシオをも上回るもの。ディグニティにいたっては、5335×1870×1485mm、ホイールベースも3080mmとなる。GDI直噴ガソリンの4.5リッターV8は、最高出力280ps/5000rpmと最大トルク42.0kgm/4000rpm、同3.5リッターV6は240ps/5500rpm、35.0kgm/2500rpmを発生する。どちらも2000年排ガス規制に適合し、V8のプラウディアC仕様を除いて、2010年新燃費基準をクリアする。駆動方式はFWD、トランスミッションはスポーツモード付き5AT「INVECS-II」のみとなる。安全装備も充実。前後席サイドエアバッグを始め、レーザー方式のレーダーシステムによる車間距離制御機構「プレビューディスタンスコントロール」やCCDカメラを利用した走行レーン逸脱警報システム/後側方モニターなどの、電子制御を駆使した「ドライバーサポートシステム」などが特筆すべき点。価格はプラウディアが460〜640万円、ディグニティが990万円となる。韓国、現代自動車の「エキュース」の兄弟車となるのが「プラウディア」。セルシオより排気量の大きい4.5リッターV8エンジンが注目に値すると思います。見た目もデボネアよりは、良くなったのではないでしょうか。リムジンである「ディグニティ」のカタログには、後席に乗った偉い人が助手席を前に倒し、足を投げ出せるようにできる写真が載っています。これは、運転手に対してさすがに失礼な態度ではないか。しかし、そんなことを思っているからオレは偉くならないのか、という気もします。(Web CGあらい)
  • 三菱が高級セダン「プラウディア」を発売 2012.7.4 自動車ニュース 三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表NEW 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る