トヨタ、「ランクル100系」に撥水ガラス等を採用

2000.05.10 自動車ニュース
 
 
000510_017.gif

トヨタ、「ランクル100系」に撥水ガラス等を採用(5/10)

トヨタ自動車は、オフロード4WD「ランドクルーザー100系」の内外装を充実、加えて盗難防止装置の強化などを行い、5月8日より発売した。

この改良では、全車に撥水フロントガラスと、光触媒を利用しドアミラーの汚れを落とす「レインクリアリングミラー」を標準装備し、雨天時の視認性を向上させている。さらに豪華グレード「シグナス」には、本木目ステアリングやクローム調塗装アルミホイールを採用し、高級感を高めている。

盗難防止装置として、「フリーホイール機能付キーシリンダー」とエンジンイモビライザーを全車に装備。「キーシリンダー」は、キー以外の異物で鍵穴を無理に回そうとしても空回りしてしまう装置である。価格はワゴンが380.0万円から525.0万円、バンが365.7万円から453.0万円となる。

トヨタ自動車「ランドクルーザー100系」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/LandCruiser100/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る