トヨタ、「ランクル100系」に撥水ガラス等を採用

2000.05.10 自動車ニュース
 
 
000510_017.gif

トヨタ、「ランクル100系」に撥水ガラス等を採用(5/10)

トヨタ自動車は、オフロード4WD「ランドクルーザー100系」の内外装を充実、加えて盗難防止装置の強化などを行い、5月8日より発売した。

この改良では、全車に撥水フロントガラスと、光触媒を利用しドアミラーの汚れを落とす「レインクリアリングミラー」を標準装備し、雨天時の視認性を向上させている。さらに豪華グレード「シグナス」には、本木目ステアリングやクローム調塗装アルミホイールを採用し、高級感を高めている。

盗難防止装置として、「フリーホイール機能付キーシリンダー」とエンジンイモビライザーを全車に装備。「キーシリンダー」は、キー以外の異物で鍵穴を無理に回そうとしても空回りしてしまう装置である。価格はワゴンが380.0万円から525.0万円、バンが365.7万円から453.0万円となる。

トヨタ自動車「ランドクルーザー100系」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/LandCruiser100/index.html

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • トヨタが「ランドクルーザー」の装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース トヨタが最上級SUV「ランドクルーザー」を一部改良。オート格納機能が追加された電動格納ドアミラーなどの装備を新採用したほか、トレーラーをけん引する際に用いるヒッチメンバーを全車にオプション設定した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る