ダイハツ、「ストーリア」をマイナーチェンジ

2000.05.10 自動車ニュース
 
 
000510_018.gif

ダイハツ、「ストーリア」をマイナーチェンジ(5/10)

ダイハツ工業は、小型乗用車「ストーリア」をマイナーチェンジし、5月8日より発売した。

この改良の最大の特徴は、新たに1.3リッター直4DOHC「K3-V2型」エンジン搭載車が設定された点。上級ニーズへの対応が目的とされる。このエンジンは、トヨタ「ヴィッツ」の1リッターエンジンをベースに、親会社のトヨタ自動車とダイハツが共同開発したもので、110ps/12.8kgmを発生する。今後、この新エンジンを他の主力車種へ採用する計画で、ターボ仕様も加わる予定だという。

既存の1リッター「EJ-VE」エンジンにも変更が加わった。DVVT(ダイナミックバリアブルバルブタイミング)機構が新採用され、動力性能の向上とさらなる低燃費化が図られたという。

内外装のリフレッシュも行われた。外装では、メッキモールとなったフロントグリル、新意匠のグリルメッシュ、クリスタルタイプになったリアコンビネーションランプなどを採用。ボディ色はレッドが追加され計7色になった。内装では、シート表皮とドアトリムの変更、2DINタイプのCD・AM/FM付カセットステレオの標準装備(CXグレード)、新室内色などが設定されている。

環境面では、DVVT採用などにより全車平成12年基準排出ガス25パーセント低減レベルをパス。安全面では時速64キロオフセット衝突に対応する衝突安全ボディ「TAF」が採用されている。

価格は、1リッターエンジン搭載車「CL」(2WD+5MT)の90.5万円から、1.3リッター「TOURING-Limited」(4WD+4AT)の163.3万円まで。


マイナーチェンジと同時に、インターネット専用車「ストーリアSuper Sound Edition」も発売された。TOURING-Limited(2WD+4AT)をベースに、カーオーディオ専門店アルファオーディオがチューニングしたオーディオを搭載するモデルである。5台のみの限定車で、6月上旬までダイハツのホームページで申し込みを受け付る。応募多数の場合は抽選となる。こちらの価格は200.0万円だ。

ダイハツ工業「ストーリア」サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/storia/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 東京オートサロン2017(ダイハツ) 2017.1.13 画像・写真 ダイハツブースでは、往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」を想起させるカラーリングの「SPORZA(スポルザ)」シリーズや、上質感と存在感を高めた「Grand Custom(グランドカスタム)」が人気に。会場の様子を写真で紹介。
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る