スズキ、「エブリイ ワゴン」など一部改良

2000.05.23 自動車ニュース
 
 
000523_050.gif

スズキ、「エブリイ ワゴン」など一部改良(5/23)

スズキは、軽ワゴン「エブリイ ワゴン」及び軽キャブバン「エブリイ」を一部改良し、5月17日より発売した。

主な変更点は、ターボエンジン搭載車の外観一新と、全車種に快適性や安心性向上のための機能を装備したことである。

外観では、ターボエンジン搭載車について、ボンネット、バンパー、フロントグリル、ヘッドランプのデザインを変更し一層精悍な顔つきとしているという。加えて、フロントフォグランプ、リアコンビネーションランプ、大型異型フォグランプにマルチリリフレクター式を採用したほか、リアドアのスライドレールとバックドアにメッキ処理を施して、質感の向上を図っている。

快適性と安全性の装備については、ターボエンジン搭載車について、ノックセンサー及び過給圧制御装置の追加とインタークーラー取付位置の変更を実施。これにより、主に高速域でのエンジン性能が向上しているという。さらに、前席へのシートベルトアジャスター採用のほか、後席左右のBピラーに大型の乗降グリップを装備して、乗降し易さに配慮している。

安全面では、全車種に前席エアバッグ、ABS、フロントシートベルトプリテンショナーを装備している。

価格は、「エブリイ ワゴン」が114.5万円から153.3万円、「エブリイ」が78.8万円から132.5万円となる。

スズキ「エブリイ ワゴン」サイト
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/
every_w/frame.htm

同「エブリイ」サイト
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/
every/index.htm

 
 

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.24 試乗記 合言葉は「The Timeless V-Twin Roadsport」。スズキから、ちょっと懐かしいスタイリングのニューモデル「SV650X」が登場。Vツインの軽快なネイキッドモデル「SV650」をカフェレーサースタイルに仕上げた一台の出来栄えを試す。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
ホームへ戻る