マツダ、エアロパーツ装備の限定車「ブリーザ」発売

2000.05.25 自動車ニュース
000525_057.gif

マツダ、エアロパーツ装備の限定車「ブリーザ」発売(5/25)

マツダは、「デミオ」や「ファミリアSワゴン」など5車種にエアロパーツなどを装備した限定車「ブリーザ」を設定、5月22日より発売した。

「ブリーザ」は、マツダブランドの個性強化を目的とする新ブランド戦略「MMプロジェクト」の第1弾だ。古代スペイン語で「そよ風」を意味する名前のとおり、エアロパーツを中心とした内外装が与えられている。

対象車種は「デミオ」「ファミリアSワゴン」「プレマシー」「ボンゴフレンディシティランナー」「カペラワゴン」の5台で、合計限定台数は1万1650台だ。 それぞれ、UVカット機能付ガラスやキーレスエントリーシステムなど装備を追加しつつ、ベース車からの価格上昇を抑えている。

マツダ「ブリーザ」サイト:
http://www.mazda.co.jp/mmproject/briza/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。