日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジ

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは2012年7月10日、「フェアレディZ Version NISMO」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

「フェアレディZ Version NISMO」は、フェアレディZをベースに、空力特性に優れたエアロパーツを採用し、エンジンの高出力化を図ったモデルだ。
今回のマイナーチェンジでは、エンジンの出力特性、タイヤ、ボディー剛性、サスペンション、ブレーキなどを見直した。
エンジンはコンピューターチューニングの見直しにより、最高出力(355ps/7400rpm)は維持しながら、中速域のトルクアップを図った。タイヤには「ブリヂストン・ポテンザRE-11」を採用し、ボディーの補剛パーツを追加、またブッシュの硬度を変更した。さらに、ブレーキホースとブレーキフルードの変更も行い、ブレーキフィーリングの向上も図った。
車両価格は6MT仕様が513万4500円、7AT仕様は523万9500円。

<フェアレディZ Version NISMOの主要装備>
・専用フロントバンパー
・専用サイドシルプロテクター
・専用リアバンパー
・専用リアスポイラー
・専用フェンダーモール(フロント・リア)
・専用チューニングコンピューター(最高出力355ps/7400rpm)
・専用等長フルデュアルエキゾーストシステム
・専用エンジンカバー
・MTシンクロレブコントロール(6段MT車のみ)
・4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
・高剛性ブレーキホース
・高性能ブレーキフルード
・タイヤ「POTENZA RE-11」
・フロント:245/40R19 94Wタイヤ リア:285/35R19 99Wタイヤ
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・専用サスペンション
・高剛性コンプレッションロッドブッシュ
・専用ストラットタワーバー
・フロントメンバーブレース
・ラゲッジアンダーブレース
・専用リアアンダーフロアVバー
・専用ヤマハ製パフォーマンスダンパー(フロント・リア)
・専用車速感応式パワーステアリング
・専用本革スエード調ファブリックコンビシート(レッドステッチ付き)
・専用本革巻きステアリング(スムースレザーレッドステッチ付き)
・専用本革巻きシフトノブ(スムースレザー)
・専用ドアトリム(レッドステッチ付き)
・運転席助手席ニーパッド(レッドステッチ付き)
・インストアッパーボックス(レッドステッチ付き)
・コンソールブーツ(レッドステッチ付き)
・専用コンビメーター
・専用エンブレム(NISMO)
・専用シリアルナンバープレート

(文=工藤考浩)

「フェアレディZ Version NISMO」
「フェアレディZ Version NISMO」

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジの画像

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る