日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジ

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは2012年7月10日、「フェアレディZ Version NISMO」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

「フェアレディZ Version NISMO」は、フェアレディZをベースに、空力特性に優れたエアロパーツを採用し、エンジンの高出力化を図ったモデルだ。
今回のマイナーチェンジでは、エンジンの出力特性、タイヤ、ボディー剛性、サスペンション、ブレーキなどを見直した。
エンジンはコンピューターチューニングの見直しにより、最高出力(355ps/7400rpm)は維持しながら、中速域のトルクアップを図った。タイヤには「ブリヂストン・ポテンザRE-11」を採用し、ボディーの補剛パーツを追加、またブッシュの硬度を変更した。さらに、ブレーキホースとブレーキフルードの変更も行い、ブレーキフィーリングの向上も図った。
車両価格は6MT仕様が513万4500円、7AT仕様は523万9500円。

<フェアレディZ Version NISMOの主要装備>
・専用フロントバンパー
・専用サイドシルプロテクター
・専用リアバンパー
・専用リアスポイラー
・専用フェンダーモール(フロント・リア)
・専用チューニングコンピューター(最高出力355ps/7400rpm)
・専用等長フルデュアルエキゾーストシステム
・専用エンジンカバー
・MTシンクロレブコントロール(6段MT車のみ)
・4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
・高剛性ブレーキホース
・高性能ブレーキフルード
・タイヤ「POTENZA RE-11」
・フロント:245/40R19 94Wタイヤ リア:285/35R19 99Wタイヤ
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・専用サスペンション
・高剛性コンプレッションロッドブッシュ
・専用ストラットタワーバー
・フロントメンバーブレース
・ラゲッジアンダーブレース
・専用リアアンダーフロアVバー
・専用ヤマハ製パフォーマンスダンパー(フロント・リア)
・専用車速感応式パワーステアリング
・専用本革スエード調ファブリックコンビシート(レッドステッチ付き)
・専用本革巻きステアリング(スムースレザーレッドステッチ付き)
・専用本革巻きシフトノブ(スムースレザー)
・専用ドアトリム(レッドステッチ付き)
・運転席助手席ニーパッド(レッドステッチ付き)
・インストアッパーボックス(レッドステッチ付き)
・コンソールブーツ(レッドステッチ付き)
・専用コンビメーター
・専用エンブレム(NISMO)
・専用シリアルナンバープレート

(文=工藤考浩)

「フェアレディZ Version NISMO」
「フェアレディZ Version NISMO」

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジの画像

日産直系の特別な「Z」がマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る