スバル、「レガシィ」シリーズを一部改良

2000.05.29 自動車ニュース
 
 
000529_065.gif

スバル、「レガシィ」シリーズを一部改良(5/29)

富士重工業はレガシィシリーズ「ランカスター」に、3.0リッター水平対向6気筒エンジン「BOXER6」搭載車「ランカスター6」を新設定し、5月24日より発売した。

「ランカスター6」(写真)に搭載されるパワーユニットは、可変吸気システムを持つ新エンジン「EZ30」。最高出力220ps/6000rpm、最大トルク29.5kgm/4400rpmを発生する。低重心でコンパクトな水平対向エンジンの特性を生かしながら、豊かなトルク感と静粛性により、ゆとりのある巡航性能を目指しているという。

これと同時に、「レガシィシリーズ」の一部改良も行われた。安全性向上と装備の充実、排出ガス中の有害物質の抑制や燃費向上などの環境対応に配慮。限定生産だった一部モデルをカタログモデルにするなど、ラインナップの変更と充実を図っている。

安全面については、センターピラーを強化するとともにフロントバンパーにビームを追加し、側面衝突、オフセット衝突での安全性をさらに向上させたという。制動部分では、ブレーキペダルや、ブレーキブースターのチューニングによりブレーキの踏み始めの応答性を高め、ブレーキフィーリングの向上を図ったとしている。

環境対応については、各機種に配慮を施した。「ランカスター6」に搭載される3.0リッターDOHCエンジンは、左右のエキゾーストマニホールドにそれぞれ1個、集合部分に1個、計3個の触媒を採用し、低排出ガス車認定制度により平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベルに認定としている。

価格は、レガシィ「B4」が217.5万円から273.8万円、同「ツーリングワゴン」が190.5万円から269.8万円、同「ランカスター」が263.3万円から294.8万円となる。

富士重工業「レガシィ」サイト:
http://www.subaru.co.jp/legacy/in_leg.htm

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る