プジョーのミディアムセダン新型「406」に乗る

2000.05.31 自動車ニュース
 
 
000531_074.gif

プジョーのミディアムセダン新型「406」に乗る(5/31)

プジョージャポンが発売した新型「406」に試乗した。

プジョー406はビッグマイナーチェンジを受け、4月から発売されている。このほど追加された、セダンのV6モデルに試乗した。

このあいだ試乗した2リッター4気筒モデルは、少々アンダーパワーな印象がありました。今回乗ったのは3リッターのV6エンジンを搭載していますが、どんな感じでしたか。

2リッターに比べると重くなっているぶん、乗り心地に高級感がありますね。エンジンの回転の上がり方もシルキーで、ガサついた感じはありません。エンジン単体としては、なかなかいいデキだと思います。

従来のものに比べて、20kgも軽くなっていますね。それでいて、16ps出力がアップして、206ps/6000rpmとなっています。

プジョーとしては初めて可変バルブタイミング機構を採用し、シリンダーヘッドまわりはポルシェと共同で開発しています。プジョーとしても、かなり気合いが入っていますね。それだけのことはあって、静かで低中回転域でトルクを太らせた使いやすいエンジンになっています。

エンジンもさることながら、乗り心地がいいのにはビックリしました。工事中の道など結構でこぼこな路面もありましたが、イヤなショックが腰に感じられることはありませんでした。

4気筒と比べて車重が130kgも重くなっていることで、バタつかない走りがゴージャスで大人っぽい印象をもたらしています。プジョーはもともとフランス車にしては硬めの設定を採用しています。しかし、ブッシュのチューニングが素晴らしいので、ハンドリングの軽快さとしっとりした乗り心地を両立させています。いたずらにサスペンションの形式を変えるのではなく、長い年月をかけて熟成させているので、経験の蓄積によってプジョーらしさを演出できるんですね。

306まではマニュアルトランスミッションの設定があるのですが、406はATだけです。これは日本の市場を考えると仕方がないことなんでしょうが、ちょっと残念な気もします。

2リッター版に搭載されているAL4とは違い、3リッター版にはZFの4HP20が組み合わせれています。せっかくのエンジンのトルクが、残念なことにこのトランスミッションでは活かされているとは思えません。細かい制御がなされていません。中間加速がもっさりしてしまうのは、明らかにこのATの責任でしょう。もう一度設定を見直してほしいですね。

2リッター版よりいい印象を持ちましたが、409万円という価格は2リッター版より100万円も高いんですね。ちょっと考えてしまいます。

経済的にも精神的にも豊かな人が乗るクルマでしょうか。


松本英雄

NAVI副編集長 鈴木真人

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る