日産、「フェアレディZ」をマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年7月10日、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールを採用したほか、ボディーカラーに新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」などを設定。
また、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性を向上させたブレーキパッドを採用するなどした。
車両価格は、クローズドボディー(クーペ)の「フェアレディZ」が367万5000円から451万5000円。オープンの「フェアレディZロードスター」が438万9000円から512万4000円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・LEDハイパーデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーを採用(全車)
・ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールを採用(「Version ST(クーペ)」「Version S(クーペ)」に標準設定、「Version ST(ロードスター)」にメーカーオプション)
・「フェアレディZロードスター」用18インチアルミホイールを「フェアレディZ(クーペ)」にも採用(「Version ST」「Version S」以外)
・レッドのブレーキキャリパーを採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」に標準設定)
・2つの新色「プレミアムサンフレアオレンジ(特別塗装色)」「ダークブルー」を含む全8色をボディーカラーに設定
■インテリア
・メーター内に設定した車両情報ディスプレイのベース部カラーをダークメタリックグレーに変更(全車)
■メカニズム
・ショックアブソーバー(フロント・リア)の減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションを採用(全車)
・ブレーキパッドに新開発の摩擦材を採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」)

(文=工藤考浩)

「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZロードスター」
「日産フェアレディZロードスター」
インテリア
インテリア
メーター
メーター
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
ホームへ戻る