日産、「フェアレディZ」をマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年7月10日、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールを採用したほか、ボディーカラーに新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」などを設定。
また、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性を向上させたブレーキパッドを採用するなどした。
車両価格は、クローズドボディー(クーペ)の「フェアレディZ」が367万5000円から451万5000円。オープンの「フェアレディZロードスター」が438万9000円から512万4000円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・LEDハイパーデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーを採用(全車)
・ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールを採用(「Version ST(クーペ)」「Version S(クーペ)」に標準設定、「Version ST(ロードスター)」にメーカーオプション)
・「フェアレディZロードスター」用18インチアルミホイールを「フェアレディZ(クーペ)」にも採用(「Version ST」「Version S」以外)
・レッドのブレーキキャリパーを採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」に標準設定)
・2つの新色「プレミアムサンフレアオレンジ(特別塗装色)」「ダークブルー」を含む全8色をボディーカラーに設定
■インテリア
・メーター内に設定した車両情報ディスプレイのベース部カラーをダークメタリックグレーに変更(全車)
■メカニズム
・ショックアブソーバー(フロント・リア)の減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションを採用(全車)
・ブレーキパッドに新開発の摩擦材を採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」)

(文=工藤考浩)

「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZロードスター」
「日産フェアレディZロードスター」
インテリア
インテリア
メーター
メーター

関連キーワード:
フェアレディZフェアレディZロードスター日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記