日産、「フェアレディZ」をマイナーチェンジ

2012.07.10 自動車ニュース

日産、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジ

日産自動車は2012年7月10日、「フェアレディZ」「フェアレディZロードスター」をマイナーチェンジし、7月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールを採用したほか、ボディーカラーに新色の「プレミアムサンフレアオレンジ」などを設定。
また、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性を向上させたブレーキパッドを採用するなどした。
車両価格は、クローズドボディー(クーペ)の「フェアレディZ」が367万5000円から451万5000円。オープンの「フェアレディZロードスター」が438万9000円から512万4000円。

<仕様・装備の主な変更点>
■エクステリア
・LEDハイパーデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーを採用(全車)
・ダーククローム色の新デザイン19インチアルミホイールを採用(「Version ST(クーペ)」「Version S(クーペ)」に標準設定、「Version ST(ロードスター)」にメーカーオプション)
・「フェアレディZロードスター」用18インチアルミホイールを「フェアレディZ(クーペ)」にも採用(「Version ST」「Version S」以外)
・レッドのブレーキキャリパーを採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」に標準設定)
・2つの新色「プレミアムサンフレアオレンジ(特別塗装色)」「ダークブルー」を含む全8色をボディーカラーに設定
■インテリア
・メーター内に設定した車両情報ディスプレイのベース部カラーをダークメタリックグレーに変更(全車)
■メカニズム
・ショックアブソーバー(フロント・リア)の減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションを採用(全車)
・ブレーキパッドに新開発の摩擦材を採用(「Version ST(クーペ、ロードスター)」「Version S(クーペ)」)

(文=工藤考浩)

「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大
「日産フェアレディZロードスター」
「日産フェアレディZロードスター」 拡大
インテリア
インテリア 拡大
メーター
メーター 拡大

関連キーワード:
フェアレディZフェアレディZロードスター日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
  • 「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売 2014.7.23 自動車ニュース ニスモのスペシャルモデル「フェアレディZ NISMO」のデザインが変更される。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る