三菱、「ギャラン/アスパイア/レグナム」を一部改良

2000.06.01 自動車ニュース
000601_003.gif

三菱、「ギャラン/アスパイア/レグナム」を一部改良(6/1)

三菱自動車は、4ドアセダン「ギャラン」「アスパイア」およびステーションワゴン「レグナム」を一部改良し、5月29日より発売した。

今回の改良では、1.8リッターGDIエンジンに替わり、新開発2リッターGDIエンジンを採用。平成12年排出ガス規制に対応するようになった。さらに安全面でも衝突安全強化ボディ「RISE」を強化。サイドシル、センターピラー、各種クロスメンバーなどに補強材追加、高張力鋼板採用、板厚アップなどを施し、側面衝突時の安全性を向上させたという。そのほか、内外装のリフレッシュも行われている。

価格は、「ギャラン」が167.0万円から298.1万円、「アスパイア」が187.0万円から219.8万円、「レグナム」が204.3万円から309.9万円となる。

三菱自動車「ギャラン」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/
online/source/modinfo.asp?QnModelId=3

同「アスパイア」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/
online/source/modinfo.asp?QnModelId=4

同「レグナム」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/
online/source/modinfo.asp?QnModelId=26

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。