【スペック】全長×全幅×全高=3995×1695×1445mm/ホイールベース=2550mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(74ps/4800rpm、11.3kgm/3600-4400rpm)+交流同期電動機(61ps、17.2kgm)/価格=185万円(テスト車=221万150円)

トヨタ・アクアG(FF/CVT)【試乗記】

燃費も売りです 2012.07.10 試乗記 トヨタ・アクアG(FF/CVT)
……221万150円
2011年12月26日に発売されたコンパクトハイブリッドカー「アクア」。2012年上半期の販売台数は12万8000台を超え、2位にランクインした。アクアの魅力はどこにあるのか? 最上級グレードにあらためて試乗した。

デザインの力

低く構えたフォルムを見て、ほれぼれする。若々しいポップさをまとっているかと思えば、リアから見た姿はどっしりと腰を落とした頼もしさを感じさせる。横にまわれば、ウィンドウのシェイプが引き締まった表情を作っていて、スポーツカー然とした空気が漂う。傍らに立つと、上からルーフをのぞき込むような形になる。

「アクア」は「プリウス」のショート版、ぐらいに考えていたので、劇的なまでのローダウンぶりにたじろいだ。しかし、スペックを見る前にプリウスと並べてみたら、大して変わらないではないか。45mmの差だからかなり低くなっているとは言えるのだが、見た目の変わりようはもっと大きなものがある。これがデザインの力なのだろう。

ハイブリッドカーの代名詞として、プリウスは広範なユーザーを相手にするオールマイティーな性格を持つ必要がある。それに対し、アクアはスタイリッシュさや運転の楽しさを前面に出し、パーソナルユースに寄った立ち位置だ。デザインにもくっきりとした性格付けが表れている。

しかし、室内をのぞくと、印象は一変した。なんともシックというのか、落ち着いた配色なのだ。外見と内装では、対象年齢が20歳ぐらい違うように見える。試乗車は「G」という最上級グレードで、内装色はアースブラウンのみの設定である。子育てを終えた中高年にはプリウスでは大きすぎると考える層が一定数存在するようで、アクアは恰好のモデルだ。その人たちに向けてのぜいたく仕様なのだろう。


トヨタ・アクアG(FF/CVT)【試乗記】の画像
テスト車はオプションのツーリングパッケージ装着モデル。センターオーナメント付きのアルミホイールと195/50R16タイヤが備わる。
テスト車はオプションのツーリングパッケージ装着モデル。センターオーナメント付きのアルミホイールと195/50R16タイヤが備わる。
「プリウス」(写真左)と「アクア」。アクアはプリウスと比べて、全幅で50mm狭く、全高で45mm低くなっている。カモメ形状のルーフはプリウスと同じ。
「プリウス」(写真左)と「アクア」。アクアはプリウスと比べて、全幅で50mm狭く、全高で45mm低くなっている。カモメ形状のルーフはプリウスと同じ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る