ホンダ、「アコード」を一部改良

2000.06.06 自動車ニュース
 
 
000606_013.gif

ホンダ、「アコード」を一部改良(6/6)

本田技研工業は、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を一部改良、さらに新グレードを追加し、6月2日より発売した。

「アコード」とその姉妹車「トルネオ」における最大の変更点は、スポーティな新グレード「ユーロR」を追加しているところにある。搭載される2.2リッター直4DOHC VTECエンジンは、最高出力220ps、最大トルク22.5kgmを発生。専用ギアレシオの5段マニュアルトランスミッションと合わさり、「優れた加速性能とドライバーの意志に即応する心地よい走りを実現」したという。

さらに、専用のローダウンサスペンション、16インチアルミホイール、レカロ社製バケットシートやMOMO社製革巻ステアリングホイールが与えられている。「ユーロR」の価格は253.3万円だ。

その他、エントリーグレード「1.8VTE」の追加や、平成12年排出ガス規制への全車適合などが行われている。「アコード/トルネオ」、価格は155.3万円から253.3万円となる。

いっぽう、「アコードワゴン」においては、直4DOHC VTECを搭載したスポーティタイプ「SiR」に四輪駆動仕様を追加。加えて、平成12年排出ガス規制への全車適合もはたしているという。価格は、209.8万円から274.8万円となる(価格は全て東京地区のもの)。

本田技研工業「アコード」サイト:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/accord/

同「トルネオ」サイト:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/torneo/

同「アコードワゴン」サイト:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/accord_wagon/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る