ハイパワーな「トヨタiQ」、100台限定で発売

2012.07.09 自動車ニュース
「トヨタiQ“GRMN Supercharger”」
ハイパワーな「トヨタiQ」、100台限定で発売

ハイパワーな「トヨタiQ」、100台限定で発売

トヨタ自動車は2012年7月9日、コンパクトカー「iQ」をベースとしたコンプリートカー「iQ“GRMN Supercharger”」を同年9月下旬に100台限定で発売すると発表した。7月22日より先着順でweb限定の商談申し込みを受け付ける。


ハイパワーな「トヨタiQ」、100台限定で発売の画像
サイドサポートの張り出したシートは、シフトレバーの操作や乗り降りのしやすさも自慢。
サイドサポートの張り出したシートは、シフトレバーの操作や乗り降りのしやすさも自慢。
スーパーチャージャーを備える1.3リッターエンジン。122psと17.7kgmを発生し、990kgのボディーを引っ張る。
スーパーチャージャーを備える1.3リッターエンジン。122psと17.7kgmを発生し、990kgのボディーを引っ張る。

「iQ“GRMN Supercharger”」は、クルマづくりの魅力を伝えようと活動するトヨタのプロジェクト「GAZOO Racing」(ガズーレーシング)が手がけるコンプリートカーだ。

ベースとなるのは、1.3リッターの「iQ 130G MT」。「見る者、乗る者をトリコにする、スパイスの効いたマイクロレーサー」をコンセプトに掲げつつ、サーキット走行も視野に入れて開発したという。

キモとなるのは、スーパーチャージャーで過給される1.3リッター直4エンジンで、ベースモデル(94ps/6000rpm、12.0kgm/4400rpm)を28psと5.7kgm上まわる、122ps/5200rpm、17.7kgm/4800rpmを発生する。ギア比がクロスした独自の6段MTを持つのも特徴だ。
足まわりも専用のセッティングで、16インチの“GRMN Supercharger”軽量アルミホイール、195/55サイズの「ブリヂストンRE050」が組み合わされる。

機関部分だけでなくエクステリアも特別仕立てだ。前後のバンパーやサイドシルはもちろん、左右のドアや前後フェンダー、ピラーに至るまで、パネル類はエッジの利いた専用品がおごられる。
インテリアは赤と黒のツートーンで、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、トヨタ紡織が開発した専用スポーツシート、専用デザインのタコメーターなどがドライバーの気分を盛り上げる。

価格はベースモデルより192万円高の355万円で、販売台数は100台のみ。2012年7月22日から『GAZOO.com』内の特設ページで、先着順での商談申し込み受け付けが開始される。

(webCG 関)

ドアパネルはオリジナル。「GRMN」のエンボス加工が施される。
ドアパネルはオリジナル。「GRMN」のエンボス加工が施される。
アルミホイールはエンケイ製の16インチ。奥におさまるブレーキローターはスリット入りだ。
アルミホイールはエンケイ製の16インチ。奥におさまるブレーキローターはスリット入りだ。
ハイパワーな「トヨタiQ」、100台限定で発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る