スズキ、「ワゴンR」等の80周年記念車を発売

2000.06.12 自動車ニュース
 
 
000612_024.gif

スズキ、「ワゴンR」等の80周年記念車を発売(6/12)

スズキは、同社創立80周年記念車を軽自動車「ワゴンR」「アルトC」「エブリィワゴン」に設定、6月8日より発売した。

「ワゴンR FX-Tエアロ」は、ターボエンジン搭載の「FX-T」をベースに、アンダースポイラー(フロント、リヤ、サイド)、ルーフエンドスポイラーなどを付加し、外観を向上させたモデル。さらに2DINサイズのMD/CD付カセットステレオも装着されている。価格は125.0万円から135.7万円。

「アルトC Eタイプ」は、ベース車となるアルト・クラシックタイプの装備を簡素化し、100万円を切るお買い得な価格設定としたモデル。97.7万円から107.4万円だ。

「エブリイワゴンジョイポップターボEX」は、上級オーディオを装備したほか、エアロパーツなどでスポーティさを強調したモデル。価格は、20万円相当の装備を付加したにもかかわらず7万円高に抑えており、121.5万円から142.5万円となる。

スズキ「ワゴンR FX-Tエアロ」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/fxtaero/frame.htm

同「アルトC Eタイプ」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/altoce/frame.htm

同「エブリイワゴンジョイポップターボEX」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/every_ex/frame.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る