日産「リバティ」等に「Kid's バージョン」

2000.06.13 自動車ニュース
000613_027.gif

日産「リバティ」等に「Kid's バージョン」(6/13)

日産系の特装車メーカー、オーテックジャパンは、日産「リバティ」「プレサージュ」「セレナ」「バサラ」「ティーノ」の5車種に、特別仕様車「Kid's バージョン」を設定し、6月9日より発売した。

「Kid's バージョン」は、その名のとおり、子供が乗車する際に便利な装備を付加しているモデル。汚れが簡単にふき取れる専用シート生地「カブロン」(写真下)や、ピュアストロン(空気清浄機)、電源コンセント、ラゲッジトレイ、ラゲッジネットなどが装備されている。

さらに後席でもテレビなどが楽しめる、8インチ液晶テレビとビデオ端子をセットにした「後席テレビ付車」も設定されている。

価格は、「リバティ」が202.8万円から236.8万円、「プレサージュ」が239.8万円から273.8万円、「セレナ」が221.9万円から256.9万円、「バサラ」241.8万円から275.8万円、「ティーノ」が167.0万円から177.0万円となる。

オーテックジャパン「Kid's バージョン」サイト:
http://www.autech.co.jp/SV/KIDS/KIDS01/index.htm

日産自動車「Kid's バージョン」サイト:
http://www.nissan.co.jp/EVENT/KIDS/kid.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。