日産「リバティ」等に「Kid's バージョン」

2000.06.13 自動車ニュース
 
 
000613_027.gif

日産「リバティ」等に「Kid's バージョン」(6/13)

日産系の特装車メーカー、オーテックジャパンは、日産「リバティ」「プレサージュ」「セレナ」「バサラ」「ティーノ」の5車種に、特別仕様車「Kid's バージョン」を設定し、6月9日より発売した。

「Kid's バージョン」は、その名のとおり、子供が乗車する際に便利な装備を付加しているモデル。汚れが簡単にふき取れる専用シート生地「カブロン」(写真下)や、ピュアストロン(空気清浄機)、電源コンセント、ラゲッジトレイ、ラゲッジネットなどが装備されている。

さらに後席でもテレビなどが楽しめる、8インチ液晶テレビとビデオ端子をセットにした「後席テレビ付車」も設定されている。

価格は、「リバティ」が202.8万円から236.8万円、「プレサージュ」が239.8万円から273.8万円、「セレナ」が221.9万円から256.9万円、「バサラ」241.8万円から275.8万円、「ティーノ」が167.0万円から177.0万円となる。

オーテックジャパン「Kid's バージョン」サイト:
http://www.autech.co.jp/SV/KIDS/KIDS01/index.htm

日産自動車「Kid's バージョン」サイト:
http://www.nissan.co.jp/EVENT/KIDS/kid.html

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化 2017.7.13 自動車ニュース 日産がワンボックス車「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。自動緊急ブレーキを全車標準装備としたほか、アラウンドビューモニターやバックドアオートクロージャーなどを新採用した。「Vモーショングリル」を強調した新しいデザインも特徴となっている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ルノー、パリの夏の夕暮れをイメージした「トゥインゴ」を限定発売 2017.6.29 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月29日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ノクターン」を設定し、100台の台数限定で発売した。“パリの夏の夕暮れをロマンティックに過ごす特別な時間”をイメージしたとされるボディーカラーを特徴とする。
ホームへ戻る