三菱、「パジェロイオ」を一部改良

2000.06.14 自動車ニュース
 
 
000614_030.gif

三菱、「パジェロイオ」を一部改良(6/14)

三菱自動車は、SUV「パジェロイオ」を一部改良、同時にホワイトパール塗装を施した特別仕様車「パールパッケージ」を設定し、6月12日より発売した。

今回の一部改良では、従来の1.8リッターGDIエンジンにかわり2.0リッターGDIエンジンを採用。これにより、中低速トルクと加速性能が向上しているという。あわせて、2010年新燃費基準(3ドア2WD車を除く)をクリアし、平成12年排出ガス規制(全車)に適合させている。

安全面では、64km/h 40パーセントオフセットデフォーマブルバリア衝突の試験を実施し、三菱独自の衝突安全強化ボディ「RISE」をさらに強化している。

外観では、ボンネットフード、グリル、前後バンパーを一新して都会的な雰囲気を演出。内装では、ベロア調のシート生地を採用し、落ち着き感を求めたという。

価格は、172.8万円から231.8万円となる。

三菱自動車「パジェロイオ」サイト:
http://web1.mitsubishi-motors.co.jp/io/

 
 

関連キーワード:
パジェロイオ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理 2006.1.12 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。
  • 「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」の会場から 2018.5.23 画像・写真 モーガンの正規輸入代理店「モーガンカーズ・ジャパン」が発足。その記念イベント「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」が、東京の明治記念館で催された。ブランドの歴史や魅力などが紹介されたそのイベントを、写真でリポートする。
  • 三菱、パール色の「パジェロイオ」特装車を発売 1999.12.7 自動車ニュース 三菱自動車は、「パジェロイオ」の3/5ドアに特別仕様車「パールパッケージ」を設定、12月1日より発売した。「パジェロイオ パールパッケージ」は、その名の通り外板色にパール系のギャラクシーホワイトを採用したモデルだ。ボディに加えて、前後バンパー、ドアミラー、ドアハンドル、リアスペアタイヤのホイールカバーまで同色化し、フルモノトーンとしている。その他、3ドア車ではヘッドランプベゼルがメッキされ、5ドア車ではサイドシルガーニッシュが追加されている。内装の特長は、明るいブルー系の専用シート生地、ブラックティンプル調のインストルメントパネルオーナメント、三菱マルチコミュニケーションシステム(MMMC)などだ。価格は3ドア車で196.3万円、5ドア車で209.8万円となる。三菱自動車「パジェロイオパールパッケージ」サイトhttp://web1.mitsubishi-motors.co.jp/docs8/io_pearl00/三菱とボルボの間で行われていたオランダでの乗用車生産事業「ネッドカー」が継続される模様です。2005年に生産開始の次期車両では、三菱/ボルボ双方共通のプラットフォームを使わないということが決まっており、同事業を今後どのように進めるか、今後の話し合いが注目されています。(Web CG 有吉)
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る