三菱、「パジェロイオ」を一部改良

2000.06.14 自動車ニュース
 
 
000614_030.gif

三菱、「パジェロイオ」を一部改良(6/14)

三菱自動車は、SUV「パジェロイオ」を一部改良、同時にホワイトパール塗装を施した特別仕様車「パールパッケージ」を設定し、6月12日より発売した。

今回の一部改良では、従来の1.8リッターGDIエンジンにかわり2.0リッターGDIエンジンを採用。これにより、中低速トルクと加速性能が向上しているという。あわせて、2010年新燃費基準(3ドア2WD車を除く)をクリアし、平成12年排出ガス規制(全車)に適合させている。

安全面では、64km/h 40パーセントオフセットデフォーマブルバリア衝突の試験を実施し、三菱独自の衝突安全強化ボディ「RISE」をさらに強化している。

外観では、ボンネットフード、グリル、前後バンパーを一新して都会的な雰囲気を演出。内装では、ベロア調のシート生地を採用し、落ち着き感を求めたという。

価格は、172.8万円から231.8万円となる。

三菱自動車「パジェロイオ」サイト:
http://web1.mitsubishi-motors.co.jp/io/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理 2006.1.12 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る