ホンダ、来年以降にハイブリッドカーを拡充

2000.06.15 自動車ニュース
 
 
000615_033.gif

ホンダ、来年以降にハイブリッドカーを拡充(6/15)

本田技研工業は、ガソリンエンジンと電気モーターを動力源とするハイブリッドカーを、2001年以降に世界市場で本格販売することを発表した。

同社は、従来のガソリン車より燃費効率を30〜50パーセント高めたハイブリッドカーの品揃えを拡充し、世界市場の普及をねらう。具体的には、2001年以降に「シビック」(写真)や「アコード」といった主力量販車種の一部に、ハイブリッドカーを設ける計画だという。

今年秋から実用化する予定の環境対応エンジン「VTEC-i」と、同車のハイブリッドシステムを統合した動力源を開発、2001年発売の新型シビックの一部に搭載する。新型シビックの一般モデルの燃費はリッター当たり20キロ程度だが、ハイブリッドモデルでは25〜30キロと、クラス最高水準の燃費性能を目指す。

さらに、「シビック・ハイブリッドカー」では徹底したコスト削減を図る。同社初のハイブリッドカー「インサイト」は、同クラスのガソリン車と比べ価格が約4割高と、試験的な販売にとどまっていたが、「シビック・ハイブリッドカー」では、主力市場の米国での価格を2万ドル以内に抑え、本格的な普及を狙いたいとしている。

ハイブリッドエンジンは、2001年以降に発売する「アコード」や、2001年発売の新型リッターカーの一部にも搭載を予定している。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る