プジョー「206」、累計生産100万台に

2000.06.16 自動車ニュース
 
 
000616_036.gif

プジョー「206」、累計生産100万台に(6/16)

プジョージャポンは、ハッチバック車「206」の累計生産が2000年5月19日に100万台に達成したことを発表した。

206シリーズは、1998年9月に欧州市場に投入され、最初の1年で50万台を生産。発売20ヵ月目にして100万台を突破するほどのベストセラーとなった。1999年1〜12月の生産台数は57万772台。2000年は70万台を超えると見込まれている。

販売面では、1999年1〜12月のフランス国内単一モデル販売台数の第2位を占めた。2000年1〜4月では、20万1114台を記録。さらに、フランス以外の欧州市場でも、26万1951台が販売されている。

日本においては1999年5月に発売。現在までに4300台以上が販売されており、いまだ1500台あまりが納車待ちの人気モデルとなっている。

 
 

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョーが「208レザーエディション」を120台限定で発売 2018.4.9 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年4月9日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」に特別仕様車「レザーエディション」を設定し、120台の台数限定で発売した。
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る