プジョー「206」、累計生産100万台に

2000.06.16 自動車ニュース
 
 
000616_036.gif

プジョー「206」、累計生産100万台に(6/16)

プジョージャポンは、ハッチバック車「206」の累計生産が2000年5月19日に100万台に達成したことを発表した。

206シリーズは、1998年9月に欧州市場に投入され、最初の1年で50万台を生産。発売20ヵ月目にして100万台を突破するほどのベストセラーとなった。1999年1〜12月の生産台数は57万772台。2000年は70万台を超えると見込まれている。

販売面では、1999年1〜12月のフランス国内単一モデル販売台数の第2位を占めた。2000年1〜4月では、20万1114台を記録。さらに、フランス以外の欧州市場でも、26万1951台が販売されている。

日本においては1999年5月に発売。現在までに4300台以上が販売されており、いまだ1500台あまりが納車待ちの人気モデルとなっている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る