三菱「セディア」、1ヶ月で目標の1.5倍を受注

2000.06.19 自動車ニュース
 
 
000619_040.gif

三菱「セディア」、1ヶ月で目標の1.5倍を受注(6/19)

三菱自動車は、セダン「ランサーセディア」の受注が発売1ヶ月で月販目標の1.5倍に相当する4500台に達したと発表した。

15.リッターと1.8リッターの2モデルのうち、最も売れているのは1.5リッターエンジン搭載の最上級グレード「MX-S」(153.8万円)で、全体の45パーセントを占めている。購入者の約半分が40〜50代男性を占めていることから、「大人のセダン」をねらった三菱の戦略どおりとなっているといえよう。

「ランサーセディア」はミラージュ/ランサーの後継モデルとして2000年5月に発売。5ナンバーサイズのボディに、ガソリン直噴エンジンGDI+無段変速機CVTを組み合わせているセダンである。

三菱自動車「ランサーセディア」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-CEDIA/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る