クライスラー「PTクルーザー」、供給不足必至か?

2000.06.21 自動車ニュース
 
 
000621_045.gif

クライスラー「PTクルーザー」、供給不足必至か?(6/21)

ダイムラークライスラー日本が実施している、「PTクルーザー」のお披露目「巡業」が好評だという。「開催場所によっては千組以上の来場者が殺到し、ディーラーが対応に追われるほど」(同社)だそうだ。

「PTクルーザー」は、レトロとモダンを融合させた外観に、現代の技術と機能性を付与したと謳うクライスラーの新型SUV。日本での7月発売予定に先駆け、5月末から全国各地で事前キャンペーンを実施している。具体的には、地元報道機関を対象とした試乗会と、系列ディーラでの事前展示会を開催している。

同車は欧米市場でも好調で、年内の日本向け割り当て台数が約750台にとどまることにより、供給不足が必至の情勢となりそうである。このため同社では、顧客に対し、自分が発注した車両がどの段階にあるかを知らせたり、納車を待つあいだに「ネオン」をリース提供するなどの案を考えていくという。

供給不足が解消されるのは、オーストリア工場での生産が開始される来夏以降になりそうで、その間の顧客対応策を検討しているという。

米クライスラー「PTクルーザー」サイト:
http://www.chryslercars.com/pt_cruiser/
pt_html/frameset_pt_cruiser.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る