クライスラー「PTクルーザー」、供給不足必至か?

2000.06.21 自動車ニュース
 
 
000621_045.gif

クライスラー「PTクルーザー」、供給不足必至か?(6/21)

ダイムラークライスラー日本が実施している、「PTクルーザー」のお披露目「巡業」が好評だという。「開催場所によっては千組以上の来場者が殺到し、ディーラーが対応に追われるほど」(同社)だそうだ。

「PTクルーザー」は、レトロとモダンを融合させた外観に、現代の技術と機能性を付与したと謳うクライスラーの新型SUV。日本での7月発売予定に先駆け、5月末から全国各地で事前キャンペーンを実施している。具体的には、地元報道機関を対象とした試乗会と、系列ディーラでの事前展示会を開催している。

同車は欧米市場でも好調で、年内の日本向け割り当て台数が約750台にとどまることにより、供給不足が必至の情勢となりそうである。このため同社では、顧客に対し、自分が発注した車両がどの段階にあるかを知らせたり、納車を待つあいだに「ネオン」をリース提供するなどの案を考えていくという。

供給不足が解消されるのは、オーストリア工場での生産が開始される来夏以降になりそうで、その間の顧客対応策を検討しているという。

米クライスラー「PTクルーザー」サイト:
http://www.chryslercars.com/pt_cruiser/
pt_html/frameset_pt_cruiser.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る