VW「パサート」、生産台数が1000万台に到達

2000.06.22 自動車ニュース
 
 
000622_048.gif

VW「パサート」、生産台数が1000万台に到達(6/22)

独フォルクルワーゲンAGは、同社のフラッグシップモデル「パサート」の累計生産台数が1000万台に到達したと発表した。

記念すべき1000万台目は、6月15日、ドイツ北部のエムデン工場で生産された。同日行われた記念セレモニーでは、1000万台目のパサートのキーが工場長からオーナーに直接手渡されたという。

「パサート」の生産は1973年に独ウォルフスブルク市で開始。その後、エムデン、モーゼル、上海、ブラジル・アンシェタの工場で1日に2700台が出荷されるようになった。

日本には1975年に輸入開始。1980年には日産自動車が「サンタナ」のバッジをつけ、累計約5万台をライセンス生産した。なお、今回達成した1000万台生産には、「サンタナ」は含まれていない。

 
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る