三菱、「シャリオグランディス」を一部改良

2000.06.26 自動車ニュース
000626_053.gif

三菱、「シャリオグランディス」を一部改良(6/26)

三菱自動車は、ミニバン「シャリオグランディス」を一部改良、加えて新グレードを追加し、7月3日より発売する。

改良の内容は、フロントグリル(2.4リッターエンジン搭載車)とリアライセンスプレートガーニッシュを一新し、全車アルミホイールを標準装備したというもの。さらに、ディスチャージヘッドランプ(一部グレード除く)、セキュリティアラームの標準装備や、7人乗りセカンドシートにアームレストを追加するなど、内外装をリフレッシュしている。

新規追加されたのは、「ツーリングサンルーフリミテッド」と「ロイヤルツーリング」の2グレード。前者は、「ツーリング」をベースに、ツインサンルーフ、4スピーカーカセットステレオ、文字表示マルチセンターディスプレイ、ブラウン内装、木目調パネルなどを追加しているモデル。後者は、「ロイヤル」をベースに、MMCS(三菱マルチコミュニケーションシステム)を文字表示マルチセンターディスプレーに変更するなど、装備の一部を見直したものだ。

価格は、2.4リッターエンジン+2WD「ツーリング」の223.9万円から、3リッターV6+4WD「ロイヤルエクシード」の353.8万円まで。

三菱自動車「シャリオグランディス」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/online/
source/modinfo.asp?QnModelId=17

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。