いすゞ、セダン「アスカ」を一部改良

2000.06.29 自動車ニュース
000629_059.gif

いすゞ、セダン「アスカ」を一部改良(6/29)

いすゞ自動車は、4ドアセダン「アスカ」に、エンジンの低公害化や内外装の一部改良を施し、6月27日より発売した。

「アスカ」はホンダ・アコードのOEMモデル。先日行われたアコードへの改良をうけアスカにも変更が加わった。

具体的には、「LF」に搭載している1.8リッターエンジンの平成12年ガソリン乗用車排出ガス規制適合、「LJ」2リッターエンジンの平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル達成など、エンジンの低公害化が行われている。

さらに内外装においても、ヘッドライトのハウジングをクロームメッキ化したほか、リアコンビネーションランプとトランクリッドのデザイン一新、メーターパネルをブラックからブラックガンメタリックへ変更、など改良されている。

価格は.107.3万円から206.3万円となる。

いすゞ自動車「アスカ」サイト:
http://www.isuzu.co.jp/aska/index.htm

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。