第9戦イギリスGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.07.08 自動車ニュース

【F1 2012 速報】第9戦イギリスGP、残り5周でウェバーが逆転優勝

F1世界選手権第9戦イギリスGP決勝が、2012年7月8日、イギリスのシルバーストーン・サーキット(5.891km)を52周して行われた。

金曜日、土曜日と不安定な空模様に見舞われたシルバーストーン。雨と思われていた決勝日の天候は、意外にも日が射す完全なドライだった。

大雨の予選で2位につけたレッドブル・ルノーのマーク・ウェバーが、残り5周でフェラーリのフェルナンド・アロンソを抜き逆転優勝。第6戦モナコGPに次ぐ今シーズン2勝目、自身通算9勝目をあげた。

今季初ポールポジションからスタートしたアロンソは、最後のスティントで履いたソフトタイヤがもたず2位でゴール。前戦ヨーロッパGPに次ぐ連勝はならなかったが、チャンピオンシップでは首位を守った。

3位はレッドブルのセバスチャン・ベッテル。予選4位からスタートで5位に落ちたがピットストップのタイミングで挽回をはかり、優勝1回を含む今季3回目の表彰台となった。

好調なフェラーリは、フェリッペ・マッサも5番グリッドから4位でフィニッシュしポイントを加算。キミ・ライコネン5位、オープニングラップの接触、後退から巻き返したロメ・グロジャンが6位と、ロータス・ルノーがダブル入賞を果たした。3番グリッドから3位を走行するも徐々に後退していったメルセデスのミハエル・シューマッハーは結局7位でチェッカードフラッグを受けた。
マクラーレン・メルセデスはライバルから大きく遅れ、ルイス・ハミルトン8位、ジェンソン・バトン10位。9位にはウィリアムズ・ルノーのブルーノ・セナが入った。

以下、11位小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)、12位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア・メルセデス)、13位ダニエル・リチャルド(トロロッソ・フェラーリ)、14位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ)、15位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、16位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、17位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム・ルノー)、18位ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)、19位シャルル・ピック(マルシャ)、20位ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRTコスワース)、21位ナレイン・カーティケヤン(HRT)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップで首位を守るアロンソは129点。ランキング2位のウェバーは20点から13点に差を縮めトップを追う。3位ベッテルは100点、1つ順位を落とした4位ハミルトンは92点、逆にポジションを1つ上げたライコネンは83点で5位につける。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、1位は変わらずレッドブルで216点、2位に152点のフェラーリが上がり、3位ロータスは144点。マクラーレンは142点で2位から4位に後退、98点のメルセデスが5位という順位だ。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。