ホンダF1、来年からジョーダンにエンジン供給

2000.06.30 自動車ニュース
000630_064.gif

ホンダF1、来年からジョーダンにエンジン供給(6/30)

本田技研工業は29日、2001年からF1「ジョーダン」チームにV10エンジンを供給することを発表した。

ジョーダンは1998年から今年まで、本田宗一郎の長男博俊氏が率いる「無限」からエンジン供給を受けていたが、両者の契約は年内に切れることになっていた。これを機に、ジョーダンは今年F1復帰を果たしたホンダにアプローチ。来シーズンからの契約が決まったという。

本田技研工業の専務取締役でモータースポーツ担当の福井威夫氏は、「ジョーダンへのワークスエンジン供給は、第三期ホンダF1活動における新たなチャレンジである」とコメントしている。

なお、BAR(ブリティッシュアメリカンレーシング)へのエンジン供給およびシャシーの共同開発は今後とも継続していくという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。