トヨタ、「アリスト」をマイナーチェンジ

2000.07.10 自動車ニュース
000710_017.gif

トヨタ、「アリスト」をマイナーチェンジ(7/10)

トヨタ自動車は、セダン「アリスト」の内外装等をマイナーチェンジし、7月6日より発売した。

フロントグリル、16インチアルミホイール、リヤコンビネーションランプなどで新意匠を採用。加えてメータークラスター色を変更し、「洗練された内外装」 (トヨタ)としている。

さらに、「S300」にはステアシフトマチック付5段ATを新設定。全車には車両盗難を防止するアラーム&エンジンイモビライザーシステムが標準装備されるようになった。

安全・環境面では、前席SRSカーテンシールドエアバッグを全車に標準装備するとともに、「S300」では低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス25パーセント低減レベル」を達成しているという。

今回のマイナーチェンジにあわせ、本革シート&本木目ステアリングホイール、本木目ドアパネル、オートレベリング機能付ディスチャージヘッドランプなどを装備した「ウォルナットパッケージ」が「S300」に新設定されている。

価格は旧モデルの6〜10万円高、366.0万円から455.0万円まで(写真は旧モデル)。

トヨタ自動車「アリスト」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Aristo/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。