ホンダ、新ステアリング機構搭載「S2000タイプV」発売

2000.07.11 自動車ニュース
 
 
000711_021.gif

ホンダ、新ステアリング機構搭載「S2000タイプV」発売(7/11)

本田技研工業は、オープンスポーツカー「S2000」に新グレード「タイプV」を設定、7月14日より発売する。最大の特徴は、新ステアリング機構「VGS」の採用だ。

ホンダが世界初と謳う「VGS(車速応動可変ギアレシオステアリング)」は、車速と舵角に応じてステアリングのギアレシオを無段階に変化させるという機構。たとえば低速時においては、少ない操作で車向を変えることができ、またワインディングロードなどでは車速とステアリングの操作量に応じて適切なハンドル操作ができるという。

同機構採用により、ステアリングのロックトゥロック(最大回転量)は従来の2.4回転から1.4回転となった。同時に、VGSのレスポンスに対応する専用のダンパー、スタビライザー、LSDも装着されるようになった。

価格は、標準仕様の18万円高で356.0万円となる(東京地区価格)。

本田技研工業「S2000タイプV」サイト:
http://www.honda.co.jp/S2000/tech/typev/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2008.1.8 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)
    ……432万6000円

    ホンダの2シーターオープンスポーツ「S2000」に新グレードの「タイプS」が追加された。GTウイングを装着した新たなスポーティモデルに試乗した。
  • ホンダS2000(FR/6MT)【試乗記】 2005.8.8 試乗記 ホンダS2000(FR/6MT)
    ……401万1000円

    「S2000」は、リッター125psの高性能エンジンを積むスポーツカーである。メインストリームとはとても言えないが、「ホンダ」にとっては原点とも言えるモデルの魅力を探った。


  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
ホームへ戻る