ホンダ、新ステアリング機構搭載「S2000タイプV」発売

2000.07.11 自動車ニュース
 
 
000711_021.gif

ホンダ、新ステアリング機構搭載「S2000タイプV」発売(7/11)

本田技研工業は、オープンスポーツカー「S2000」に新グレード「タイプV」を設定、7月14日より発売する。最大の特徴は、新ステアリング機構「VGS」の採用だ。

ホンダが世界初と謳う「VGS(車速応動可変ギアレシオステアリング)」は、車速と舵角に応じてステアリングのギアレシオを無段階に変化させるという機構。たとえば低速時においては、少ない操作で車向を変えることができ、またワインディングロードなどでは車速とステアリングの操作量に応じて適切なハンドル操作ができるという。

同機構採用により、ステアリングのロックトゥロック(最大回転量)は従来の2.4回転から1.4回転となった。同時に、VGSのレスポンスに対応する専用のダンパー、スタビライザー、LSDも装着されるようになった。

価格は、標準仕様の18万円高で356.0万円となる(東京地区価格)。

本田技研工業「S2000タイプV」サイト:
http://www.honda.co.jp/S2000/tech/typev/

 
 

関連キーワード:
S2000ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)【試乗記】 2006.1.7 試乗記 ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)
    ……409万5000円

    ホンダのツーシーターオープンスポーツ「S2000」に、大がかりなマイナーチェンジが施された。エンジンの排気量拡大で、速さも乗りやすさもアップしたのは確かである。では、クルマとしての魅力はどうなのか。


  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る