ダイハツ、軽乗用車の安全装備を充実

2000.07.12 自動車ニュース
 
 
000712_023.gif

ダイハツ、軽乗用車の安全装備を充実(7/12)

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラジーノ」「ムーヴ」「ネイキッド」の一部において安全装備を充実させ、7月10日より発売した。

従来からの衝撃安全ボディ「TAF(Total Advanced Function)」に加え、車内における安全基準「SOFI(Safety-Oriented Friendly Interior)」を採用しているのが特徴。「SOFI」は、使いやすい安全装備をそろえたダイハツの新しい内装思想で、前席SRSエアバッグやオプションのサイドエアバッグ、プリテンショナー機構付シートベルトなどを装備し、さらなる安全性の向上につとめるというものだ。

今回は、「ミラジーノ」(写真)「ネイキッド」の一部グレードに、助手席エアバッグとプリテンショナー機構付シートベルトを標準装備。さらに「ムーヴ」の一部グレードにおいてはプリテンショナー機構付シートベルトを標準装備した。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る