「クライスラービル」にクライスラーが入居検討

2000.07.13 自動車ニュース
000713_024.gif

「クライスラービル」にクライスラーが入居検討(7/13)

ダイムラークライスラーが、米ニューヨークの「クライスラービル」への入居を検討していることが明らかになった。実現すれば、2、3年後を目処に投資家対策や広報の拠点を同ビルに据えることになるという。

ニューヨークへのオフィス設置は、株価に好影響をもたらしたいとするダイムラークライスラーの思惑があると考えられている。

ダイムラーベンツ(ドイツ)とクライスラー(アメリカ)が合併して誕生したダイムラークライスラーだが、合併当時半数を占めていた米国株主が現在では約4分の1に激減。米投資家離れが懸念されている。そこでオフィスをアメリカの経済・金融の中心であるニューヨークに設置し、米国企業をアピールしたい、というわけだ。

なお、「クライスラー」の名を冠した同ビルだが、同社がオフィスを構えたことは今まで一度もなかった。1930年の完成から70年以上の時を経て、初の同社入居となりそうである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。