ホンダ「シビック」、米で生産200万台達成

2000.07.14 自動車ニュース
 
 
000714_029.gif

ホンダ「シビック」、米で生産200万台達成(7/14)

本田技研工業は、「シビック」の米国での生産累計が、7月10日に200万台を突破したと発表した。

日本の自動車メーカーが米国生産車で200万台を超えたのは、ホンダ「アコード」(1999年末に累計500万台)、トヨタ「カムリ」(同280万台)に次いで3台目となる。

シビックは1973年より米国で販売を開始。当時世界で最も厳しい排出ガス規制とされた「マスキー法」を世界で初めてクリアした同車は、順調な販売を続け、現在までの同国累計販売台数は550万台に達している。同国での生産開始は1986年で、現在はオハイオ工場、カナダ工場から年間30万台強を送り出している。

シビックは北米、日本など世界13カ国で生産を行っており、全世界での累計生産台数が1300万台を超えるほどのヒット商品となっている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る