ホンダ「シビック」、米で生産200万台達成

2000.07.14 自動車ニュース
 
 
000714_029.gif

ホンダ「シビック」、米で生産200万台達成(7/14)

本田技研工業は、「シビック」の米国での生産累計が、7月10日に200万台を突破したと発表した。

日本の自動車メーカーが米国生産車で200万台を超えたのは、ホンダ「アコード」(1999年末に累計500万台)、トヨタ「カムリ」(同280万台)に次いで3台目となる。

シビックは1973年より米国で販売を開始。当時世界で最も厳しい排出ガス規制とされた「マスキー法」を世界で初めてクリアした同車は、順調な販売を続け、現在までの同国累計販売台数は550万台に達している。同国での生産開始は1986年で、現在はオハイオ工場、カナダ工場から年間30万台強を送り出している。

シビックは北米、日本など世界13カ国で生産を行っており、全世界での累計生産台数が1300万台を超えるほどのヒット商品となっている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る