マツダ、「ロードスター」を大幅改良

2000.07.19 自動車ニュース
 
 
000719_038.gif

マツダ、「ロードスター」を大幅改良(7/19)

マツダは、「ロードスター」の内外装を変更するとともに、1.8リッターエンジンの出力アップなどを図り、7月18日より発売した。

1989年にデビューした「ロードスター」。2000年4月までに生産台数56万台余を数え、「最も多くの人に親しまれているオープンスポーツ」としてギネスワールドレコードに登録されるまでになった。

そのマイナーチャンジでは、1.8リッターユニットに、吸気側連続可変バルブシステムが搭載されたことが最大の特徴となる。

「S-VT(シーケンシャルバルブタイミング機構)」を搭載、中低回転域でのトルクの厚みを増し、「伸びやかに吹け上がり」「アクセルに敏感に反応する」(マツダ)ものにしたという。また、圧縮比を9.5から10.5に引き上げ、インテイクマニフォルドの充填効率を上げることなどで、160ps/7000rpm(145ps/6500rpm)の最高出力(カッコは従来型)、17.3kgm/5500rpm(16.6kgm/5000rpm)の最大トルクを実現した。なお、1.6リッターエンジン(125ps、14.5kgm)に変更はない。

外観上は、マルチリフレクター&プロジェクター式のヘッドランプを、カットのないクリアなアウターレンズと組み合わせ、スッキリとした顔立ちにし、また、バンパー下部のエアインティクを、マツダのアイデンティティとされた「ファイブポイント」形状とした。

内装においては、インパネまわりでは、メーターに白色文字盤を採用。バケットタイプのハイバックシートは、サイドサポートの張り出しが大きくなり、ホールド性向上が図られた。

ボディは、サイドシルインターやフレーム後部の板厚を増すなど補強が施され、曲げ剛性で113パーセント、ねじり剛性で6パーセントアップしたという。重量増は、10〜40kgに抑えられる。

サスペンションにもチューンが加えられ、特に「走り」の看板モデルたるRSとRS-2には、新型ビルシュタイン製ダンパーが奢られたうえ、ホイールおよびタイヤサイズが205/45R16に、あわせてブレーキローターが前270mm、後ろ276mmに拡大された。

ブレーキに関しては、全グレードとも、マスターシリンダーのサイズアップ、バキュームブースターのタンデム化などによって、強化された。ABS装着車には、EBD(電子制御制動力配分システム)が装備される。

価格は、183.9万円から243.8万円まで。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る