BMW、3シリーズ「カブリオーレ」を発売

2000.07.19 自動車ニュース
 
 
000719_039.gif

BMW、3シリーズ「カブリオーレ」を発売(7/19)

BMW JAPANは、3シリーズのオープンモデル「330iカブリオーレ」を日本市場に導入、8月26日より発売する。

「330iカブリオーレ」は、3シリーズオープンカーの3代目。現行3シリーズ(E46)としては、1998年のセダン、1999年のクーペ/ワゴン発売に次ぐものとなる。

ボディは、フロントバンパーからAピラーに至るまでクーペがベース。フラットなトランクリッドや3層構造のソフトトップなどが「カブリオーレ」の特徴となる。電動自動式のソフトトップは約25秒で開閉が可能。リアウィンドウはガラス製だ。また、重量28キロのボディ同色アルミ製ハードトップも用意されている。

室内における最大の特徴は、セダン/ワゴン/クーペにはない「フロントシート一体型シートベルトシステム」が採用た点だ。従来はBピラーに装着されていたシートベルトが、シートバック上部に移行、使い勝手の向上が図られたという。さらに、メーター類に追加されたクロームリング、新意匠の3スポークステアリングホイールが目をひく装備となっている。乗員は4名だ。

パワーユニットは3リッター直6DOHCエンジン「M54」で、最高出力231ps/5900rpm、最大トルク30.6kgm/3500rpmを発生。ダブルVANOS、シリンダー適応型ノックコントロール、独立配置されたイグニッションコイルなどハイテク装備満載の同エンジンは、「2000年新排出ガス規制予定値」をクリアしているという。

安全面では、前席のフロント/サイドエアバッグの標準装備、後席サイドエアバッグのオプション設定、ISOFIX対応チャイルドシート固定具の標準装備など。万一の横転時には、Aピラー/フロントウィンドウスクリーンと後席ヘッドレスト後に備わる「ロールオーバープロテクションシステム」が乗員保護にあたる。

さらに、シャシーの高剛性化も図られている。先代3シリーズ(E36)クーペに匹敵するねじれ剛性とまげ剛性が謳われており、まげ剛性においては1度あたり1万900Nmという値を出しているという。

価格は640.0万円。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る