トヨタ、モータースポーツ部門に会長職を新設

2000.07.26 自動車ニュース
000726_046.gif

トヨタ、モータースポーツ部門に会長職を新設(7/26)

トヨタのモータースポーツ専門会社、独トヨタモータースポーツ(TMG)は、同社の会長に、トヨタ自動車の取締役である冨田務氏が就任すると発表した。

新会長就任は、トヨタのF1プログラムの強化がねらいとされる。TMGは、冨田会長とオベ・アンダーソン社長の指揮の下、2002年に予定されるF1ワークス参戦への準備を押し進めることになる。

トヨタは先月、F1参戦を2002年以降に行うと発表。2001年をテスト期間にあて、1998年ルマンウィナーのイギリス人アラン・マクニッシュの手により、シャシー/エンジンの実走行テストを始める。当初の「2001年デビュー」をくつがえした背景には、「出るからには勝ちたい」というトヨタの意向が読み取れるが、世界的大メーカーであるトヨタであっても、参戦初年度から優勝をねらうのは難しいという意見もある。CARTの例もあるし...。

「2002年のF1参戦まで残すところ1年半となり、TMGの中に生まれている緊張感と責任感をひしひしと感じている」。冨田会長は、そう語った。(WebCG 有吉)

<とみた つとむ>
1969年トヨタ自動車に入社。市販車用エンジンを開発した後、1987年 モータースポーツ部にて、レースエンジン開発を担当。ルマン24時間レース用のV8、V10エンジンや、WRC用エンジンの開発に携わる。1996年にトヨタ自動車取締役に就任。モータースポーツ等を担当し現在に至る。 

<とよたもーたーすぽーつ>
TMGの前身は、いわずと知れたラリー界のスターチーム、TTE(トヨタチームヨーロッパ)。1975年、かつてアルピーヌA110を駆ってモンテカルロラリーで優勝した、オベ・アンダーソンが設立。1993年に、トヨタが全株式を買い取り、TMGと改称され、現在に至る。名門ラリーチームは、果たして名F1チームと成り得るか?

(写真は、左から小和田副社長、冨田会長、アンダーソン社長)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。